債務整理のことなら債務整理相談センター(横浜・新宿)へ

■神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 東武立野ビル1F
(横浜駅西口より徒歩8分。ハマボール方面・相鉄本社ビル前)
■東京都新宿区西新宿7-21-1 新宿ロイヤルビル804
(新宿駅西口より徒歩8分。西新宿駅1番出口より徒歩1分)

受付時間:9時~21時(土曜は10時~16時、日曜祝祭日を除く)

債務整理の無料相談実施中
平日 9:00~21:00
土曜 10:00~16:00
債務整理相談フリーダイヤル
0120-631-625

更新日:2021年7月31日

任意整理シミュレーション「にんいせいり君」

無料・匿名ですぐに診断結果が分かる!

クレジットカードや銀行のカードローン、消費者金融などのカードでできてしまった借金。これらの支払いが苦しい場合には、まずは任意整理(にんいせいり)を検討してみると良いでしょう。

任意整理とは債務整理の一つ。
もっと分かりやすく言うならば、「カードの支払いでお金のやりくりがきつくなった場合に利用できる救済策」ぐらいにまずは覚えておけばよいでしょう。

今支払っているカードの返済を
・利息や手数料なしの返済に変えられる
・毎月の支払いを半分にできるケースも。
・返済のゴールが確実に見える。
などのメリットが任意整理にはあります。

「にんいせいり君」では、
①どのくらい借金の減額があるか?
②毎月の支払いはどのくらい減るか?
を無料で簡単にシミュレーションできます。

にんいせいり君のご利用はこちらから

にんいせいり君の利用方法

カード会社名・借金額を入力

債務整理シミュレーター入力画面

まずは、
①利用しているカード会社名
②その借金額
を入力しましょう。

借金額とは、カードを利用してお金を借りる(キャッシングやローン)、買物をする(ショッピング)ことでできてしまった全ての金額です。一括払いもリボ払いも全て含めた合計額を入力しましょう。

一度に最大7社までのシミュレーションが可能です。
(7社以上ある場合には、2回に分けて診断を行って下さい)

入力が終わりましたら、「診断する」ボタンを押してください。

※個人情報の入力は不要ですので匿名で、そして無料で利用可能です。

診断結果について

債務整理シミュレーター任意整理相談フォーム

「診断する」ボタンを押すと、診断結果が下に表示されます。

★月々の支払い金額とは?

任意整理を行った場合の月々の支払い金額の目安となります。任意整理を行った場合には、ブラックリストになりカードが使えなくなるケースが高いため、カードは使わずに自身の収入から捻出できる金額であれば任意整理が成功する可能性は高いと言えます。

★支払いが減る金額とは?

任意整理を行うと、今まで自分で返済をしていた場合と異なり、利息分やリボ手数料の支払いがなくなります。つまり、自分で返済していくよりも、任意整理をしたほうが支払う金額は少なります。仮に、今の状態であなたが3年で完済した場合の利息や手数料の概算がここには表示されており、任意整理をするとこの支払金額はなくなります。

もう一度初めから診断を行いたい場合には、「再診断」をクリックしてください。

任意整理の相談フォーム

債務整理シミュレーターの相談フォーム

「再診断」の下には「任意整理相談フォーム」がありますので、こちらからお問合せが可能です。

任意整理のシミュレーションは利用年数によっても変わっていきます。利用年数も踏まえ、本格的なシミュレーションをご希望の場合には、任意整理経験が豊富なベテランスタッフが行います。

チェック項目がありますので、「月々の支払いがいくらに変わるか詳しく知りたい」をクリックして下さい。

その他、

・任意整理とは?メリット・デメリット
・任意整理を家族に秘密にできるか
・任意整理を行った場合の費用
・支払いが遅れているが任意整理ができるか
・電話相談をする場合の流れ
・任意整理手続きの依頼をする場合の流れ

などもチェックをして相談をすることが可能です。
その他、ご相談事項がある場合には「自由ご記載欄」に記載ください。

任意整理相談への回答

任意整理の相談メールを確認致しましたら、24時間以内にご返信致します。
(土日祝祭日のお問合せに関しましては、翌平日のご返信となる場合がございます)

返信は、info@kanagawa-legaloffice.jpより行っておりますので、こちらのメールが受信できるようになさってください。

※Gメールやヤフーメールの場合にはメールのセキュリティー設定によっては、迷惑メールフォルダに振り分けられているケースがありますので、ご注意下さい。

※Eメールの場合には、パソコンからのメールを拒否する設定になっていると、メールが届きませんので、ご注意下さい。

※ラインでのご返信を希望の場合には、自由ご記載欄に「ラインID」と「ラインのアカウント名」をご記載ください。

任意整理とはどんな手続きかおさらいしてみよう

任意整理とは?

任意整理とは債務整理という借金整理の方法の一つ。役所や裁判所など国の公的機関に知られずに、毎月のカードの支払いを減らすことができる債務整理の方法です。

国の機関を通さないので、家族や職場に秘密にして進めることも可能というわけです。

任意整理では、あなたから依頼を受けた司法書士や弁護士などの専門家が、カード会社と交渉を行って返済が楽になる状態を目指していきます。

任意整理の特徴は下記のとおりです。

  • 任意整理をすると利息の支払いがなくなる
    (=利息がなくなるので返済のゴールが明確に)
  • 破産などと違い裁判所を利用しないで簡単にできる
    (=国の機関を利用しないので家族や職場にバレない)
  • 買物の利用分やリボ払いも対象にできる。
    (=高額なリボ払いも白紙にすることができる)
  • 奨学金や車のローンなど希望しないものは任意整理の対象外にできる
    (=保証人に迷惑をかけずに、車を手元に残して任意整理できる)

一方で、任意整理ではブラックリスト(信用情報への事故登録)になってしまうというデメリットがあります。

クレジットカードの使用は、5年~7年間は控えなければならないのを覚悟して行わなければなりません。

なお、「任意整理をしても自宅に影響はありませんか?」という質問を受けることがありますが、賃貸の方や持ち家(ローンなし所有)の方になにも影響がないのはもちろん、住宅ローンがある方も住宅ローンを任意整理の対象外にしてしまえば、自宅にはなにも影響がないまま進めることが可能です。

任意整理のメリットとは?

任意整理で借金減額

あなたは、自分の借金に対して、どのくらいの利息やリボ手数料を支払っているか、しっかり把握していますか?

もしも、今カードの返済がきついのだとしたら、その理由はたった一つ。利息の支払いやショッピングのリボ手数料が高いからなのです。

例えば、クレジットカードの場合だと、お金を借りた場合の利息は、15%~20%かかります。買い物をした場合のリボ手数料は、14.6%ほどが一般的です。

つまり、最低でも「自分の借金額×15%」ほどは、自分が使ったお金以外の支払いということ。

200万円の場合で、200万円×15%=30万円。
300万円の場合で、300万円×15%=45万円。
400万円の場合で、400万円×15%=60万円。

借金額によってもちろん変わっていきますが、これが1年間にあなたが支払っている、利息や手数料の支払いというわけです。

どうでしょうか?

自分が想像していたより支払っている方のほうが多いのでは?

実際、あなたの収入から生活費などを除いて返済に充てているお金は、ほとんどこの利息や手数料に消えてしまっていると言ってもいいかもしれません。

この金額の支払いが大きいので、あなたの返済はうまく進まないというわけです。

任意整理の事例を確認してみよう!

3社のカード(220万円の借金)を利用しているUさんの例で、任意整理の事例を確認してみましょう。

毎月約4万1900円ほどの利息や手数料を支払っていました。

任意整理を行うことで、毎月4万1900円、年間50万2800円の利息や手数料の支払いが無くなりました。つまり、Gさんの場合には310万円の任意整理で年間50万円の借金減額の効果があったわけです。

これは、この支払い残高で計算した場合の1年での利息額なので、借金を済するまでに4年ぐらいかかったとすると、200万円ほどになっているでしょう。

  任意整理前の利息・手数料

任意整理後

アコム(約50万)

約7,500円(年利18%)

0(利息の支払いなし)

アイフル(約30万) 約4,500円(年利18%)

0(利息の支払いなし)

楽天(約100万)
CS40万・SP60万

約6,000円(CS年利18%)

約7,500円(SP年利15%)

0(利息の支払いなし)
5社合計310万円 約4万1900円の利息

利息は0円に。

任意整理Q&A

任意整理を行って家族に知られることや影響がでることはありますか?

ありません。家族カードの場合だけ注意です。

任意整理を行ってもご家族に知られることはありません。なぜなら、カード会社からの書類や連絡は私たち宛に到着すること、私たちからあなたへの連絡もあなたの希望する連絡方法に合わせて行うためです。

また、任意整理を行ってもご家族がブラックリストになることはありませんし、ご家族のカードが使用できなくなるということもありません。但し、家族カードであなたが親カードである場合には、親カードを停止させれば子カードも使えなくなります。

任意整理をするとどんなデメリットがありますか?

信用情報機関に事故情報登録(ブラックリスト)されます。

任意整理を行うと、金融機関が保有する信用情報機関に事故情報として登録がされます。

これを一般的にブラックリストといいますが、ブラックリストになると、5年~7年は「新しくクレジットカードを作成すること」「所持しているクレジットカードを使うこと」「車のローンをくむこと」「住宅ローンをくむこと」などができなくなります。

いわゆる後払いの支払になるようなものは制限されてしまうわけです。

〝クレジットカードの任意整理を行う=後払いのものが払えなくなった〟
というわけなので、後払いになるものは禁止されてしまうというわけです。

任意整理をしても返済中の住宅ローンには影響がありませんか?

影響がありません

任意整理は住宅ローンには行いませんので、自宅には影響ありません。

また、住宅ローンには影響を及ぼさないよう進められますので、住宅ローンはこのままご自身でお支払いいただければ問題ありません。

車のローンがあるので任意整理するのをためらっていますがどうしたらよいでしょうか?

車のローンには影響を出さないようにできます

任意整理は借入先のカード会社すべてに行わなければいけないものではありません。
この点が、個人再生や自己破産と違う任意整理の大きな強みです。

車のローンや保証人付きのローン、家族カードのローン等はご希望があれば手続きには含めず、それ以外にカードローンの支払いを抑えることで、支払いのしやすい環境を整えていきます。

任意整理の依頼をしても予定通りに進むか心配です…。
依頼したとおりに実現するのは何%ぐらいの確率ですか?

大手のカード会社ならほぼ100%予定通りに進められます。

任意整理ではある程度の和解ができる相場というものがあります。

例えば、「このカード会社であれば5年以上でも和解できる」「この会社はこの期間の利用であれば厳しい条件を提示される可能性がある」などの相場感です。

当センターでは、大手の消費者金融や大手のクレジット会社であれば、日常的に任意整理の和解交渉を行っていますので、相場感は常に把握できる状況にあるわけです。

そのため、任意整理の手続きを始める前でも、借入れの状況がある程度把握できるのであれば、任意整理の試算も可能なわけです。

任意整理はどのくらいの人が利用していますか?

月間1万名以上、年間15万人は利用していると思われます。

平成26年度の統計によれば、日本全国で自己破産の申立件数は65,393件、個人再生の申立件数は7,668件で合計73,061件となっています。平成16年当時は、自己破産申立件数は21万1,860件、個人再生は26,346件の合計23万8,206件でした。

近年では、自己破産や個人再生の件数は減少していますが、これは借金をする人が減ったという単純な理由ではなく、任意整理の手続きで済んでいるからです。(平成16年当時は任意整理というものがまだまだ一般化されていませんでした)

これを前提に、23万8,206件-73,061件=16万5,145件が任意整理対象者になっていると考えると、年間で15万人前後が任意整理を行っている可能性が高いわけです。

任意整理をお願いしたいのですがどうすればよいですか?

まずはメール・お電話よりお問合せ下さい

メール又はお電話の無料相談で任意整理が可能か、それとも個人再生や自己破産を検討される必要があるかなどをご案内いたします。その後、ご予約を頂いた上で来所での無料相談となり、相談後にご希望であれば任意整理の手続きの手配を進めていきます。(時間は30分~1時間ほどです。)

横浜駅より徒歩7分ほどの橫浜店、又は、渋谷駅より徒歩7分の東京店にて面談相談が可能です。

ご来所の際にご持参いただくのは下記の4点です。

①ご印鑑(実印でなく認印で可。シャチハタは不可)

②借入先のカード(破棄・紛失などの場合はその旨を伝達頂ければ問題ありません)

③身分証明書(免許証・保険証・パスポート・住基カードなど)

④借入先の明細(請求書・伝票・契約書等ある限りで結構です)

運営事務所概要

運営事務所名

司法書士法人・行政書士かながわ総合法務事務所

運営者

山口 広樹

・司法書士
(神奈川県司法書士会第2376号)
(法務大臣認定第801245号)

・行政書士
(神奈川県行政書士会4407号)

住所

神奈川県横浜市西区北幸2-10-27
東武立野ビル1F
(横浜駅西口より徒歩8分。相鉄本社ビル前)

《相談室(債務整理相談用)》
東京都新宿区西新宿7-21-1 
新宿ロイヤルビル804
(新宿駅西口より徒歩8分。西新宿駅1番出口より徒歩1分。青梅街道の新宿警察署前)

代表電話番号

045-328-1280

無料相談フリーダイヤル

0120-631-625

本ホームページ(https://www.soudan-saimuseiri.jp/)の監修者/執筆者

司法書士・行政書士 山口広樹(やまぐちひろき)

・司法書士(神奈川県司法書士会第2376号)
・行政書士(神奈川県行政書士会4407号)

横浜市出身。債務整理・過払い金請求を専門。今までにのべ1万名以上の債務整理相談に対応。5000名以上の債務整理手続きに携わる。

その他の任意整理に関連するメニュー

任意整理費用の相場はどのくらい…?

任意整理で借金はいくら減る?

任意整理費用は依頼する事務所毎に違います。中にはぼったくりのようなところも…任意整理費用の相場を学習しておきましょう。

当センターの債務整理費用のご案内

債務整理費用

当センターの債務整理の手続き費用をご案内致します。着手金や相談料など初期費用は一切発生しませんのでご安心ください。

各カード会社・銀行の債務整理の対応は…?

カード会社・銀行の債務整理対応

任意整理の対応は使っているカード会社によってだいぶ違います。各カード会社の任意整理での対応を確認してみましょう。

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)のご相談はこちらから!

債務整理の電話無料相談はこちらから

0120-631-625

【平日】受付時間:9:00~21:00
【土曜】受付時間:10:00~16:00
※日曜祝祭日を除く

債務整理相談はこちら

債務整理の無料相談はこちら

債務整理の無料相談!
お気軽にご利用下さい。

債務整理の無料相談はこちらから
0120-631-625

メール相談は24時間受付。
営業時間外にはメール相談をご利用ください。

運営事務所紹介

債務整理相談センター

司法書士法人・行政書士
かながわ総合法務事務所

《横浜相談室》
神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 東武立野ビル1階
(横浜駅西口徒歩8分)

《新宿相談室》
東京都新宿区西新宿7-21-1
新宿ロイヤルビル804号
(新宿駅西口徒歩8分)
(西新宿駅1番出口徒歩1分)

平日 9:00~21:00
土曜 10:00~16:00