債務整理のことなら債務整理相談センターへ

■神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 東武立野ビル1F
(横浜駅西口より徒歩8分。ハマボール方面・相鉄本社ビル前)

受付時間:9時~20時(土曜は10時~16時、日曜祝祭日を除く)

債務整理の無料相談実施中
平日 9:00~20:00
土曜 10:00~16:00
債務整理相談フリーダイヤル
0120-631-625

債務整理費用は分割払いできる?

費用の支払い方法を事例で確認!

「債務整理費用は分割払いできる?」
「債務整理の費用を支払っていけるか心配…」

債務整理費用の支払い方法を、解説していきます。

結論から言って、分割払いは可能です。

そして、債務整理費用が全て支払われない限り、手続きにスタートしないということもありません。

費用の支払いと債務整理の手続きは同時進行で行われていくものなのです。

この支払い方法の仕組みは、初めて債務整理をする人にとって見れば、なかなかイメージはしづらいものでしょう。

以下、分かりやすく解説していきます。

債務整理費用の分割払いの仕組み

カードの返済が停止してから分割払い開始

「分割払いができても、カードの支払いがあるから払えるか心配…」という方もいますが、これはご心配はいりません。

債務整理の手続きを依頼すると、今あなたが行っている毎月の返済はいったん停止します。

債務整理をするには、負債額(借金額)を整理しなければなりません。

そのため、あなたがカードを利用することもできなくなり、返済もストップ。

こうすることで、支払額を確定させるのが狙いです。

つまり、「債務整理の依頼をするとカードの支払いがいったんなくなる」ため、その間に債務整理の費用を分割で支払っていくというわけです。

数か月の手続き期間の間に分割払いが終了する

債務整理の手続きは、早くても3~4か月・遅ければ6~10ヶ月ほどはかかります。

依頼先の司法書士事務所や弁護士事務所はこの手続きが終わるまでに費用の清算ができるように調整をしています。(この期間はカードの返済もなければ債務整理の返済も始まっていないから)

つまり、債務整理の手続き期間が長いため、「債務整理費用の支払いが終わる頃に費用の支払いも終わる」というかたちになっていれば、依頼先からすればなにも問題はないためです。

債務整理費用の分割払いの期間はどのくらい?

例えば、「任意整理の分割払いは月3万円」「自己破産の分割払いは月2万円」のような決まりはありません。

分割払いの金額は、依頼人の方の収入や生活状況によって変わります。

例えば、月収30万円で家賃7万円の独身の方であれば月に8万円ほど払えても、同じ状況で結婚している方の場合には月に3万円ほどが限界かもしれません。

つまり、収入や生活状況によって捻出できる金額は一人一人違うため、分割払いの金額も一人一人違うというわけです。

任意整理の分割払いの目安

上記の収入や生活状況に加えて、任意整理の場合には、「任意整理の毎月の支払い額」によっても、分割払いの金額や回数は変わっていきます。

例えば、任意整理での支払金額が毎月5万円になる場合には、任意整理の費用の分割払いは毎月5万円以上になります。

この分割払いの金額を毎月5万円以下にしてしまうと、「任意整理で払っていける?」という疑問がでてしまうためです。

任意整理の分割払いの金額は、「これから任意整理で支払いができるか?」ということを確認するものでもあります。

任意整理での支払額が毎月5万円の予定なのに、費用の分割払いを毎月3万円にしたいという場合は、「任意整理はできない」という結論になってしまいます。

毎月3万円しか用意ができない状態で、任意整理で毎月5万円を返済していくことは不可能と判断されるためです。

個人再生や自己破産の分割払いの目安

個人再生や自己破産も費用が高額になるケースが多いため、分割回数は6回~12回。

つまり、半年から1年程度の分割払いになるのが一般的です。

個人再生の場合には、どんなに低くても3万円程度の支払いができなければ、個人再生で支払いができるのか?という問題もあるため、分割払いの金額は最低でも3万円以上となるでしょう。

自己破産の場合には、任意整理や個人再生と違って今後の返済はありませんが、毎月2万円程度の分割払いで2万円×12回(12ヶ月)となるため、このぐらいの金額が分割払いの基準となるでしょう。

なお、法テラスに破産の依頼を行った場合には、月に5000円程度の出費で破産手続きを進めることも可能です。

「毎月1万円以下の支払いが限界」という場合には、法テラスの受任要件(法テラスでは経済的に困窮している方を対象としているため資力要件あり)に合致する可能性も高いため、法テラスに相談してみると良いでしょう。

任意整理費用の分割払いの例

Rさんの場合

・借金300万円で5社のカードを利用
・任意整理費用:約26万4000円(税込)
(5万5000円×4か月+4万4000円×1ヶ月の計5回の分割払い)
・給料日は25日。支払い日は月末設定。

任意整理費用の分割払いのスケジュール

・9月09日:債務整理の依頼へ(カードの返済が停止)

・9月25日:Rさんの給料日(1回目の費用のお支払い)

・10月25日:給料日(2回目の費用のお支払い)

・11月25日:給料日(3回目の費用のお支払い)

・12月25日:給料日(4回目の費用のお支払い)

・1月25日:給料日(最終回の費用のお支払い)

・2月25日:給料日(任意整理の支払いスタート) 
※以後、毎月月末までを期限に任意整理の支払い5万円。

自己破産費用の分割払いの例

★Eさんの場合

・借金400万円で5社のカードを利用
・自己破産費用:約30万円(税・実費代込)
 (3万円×10ヶ月の分割払いへ)
・給料日は月末。支払い日は10日設定。

自己破産費用の分割払いのスケジュール

・9月20日:債務整理の依頼へ(カードの返済が停止)

・9月30日:Eさんの給料日(1回目の費用のお支払い)

・10月31日:給料日(2回目の費用のお支払い)

・11月30日:給料日(3回目の費用のお支払い)

・12月31日:給料日(4回目の費用のお支払い)

・1月31日:給料日(5回目の費用のお支払い)

・2月28日:給料日(6回目の費用のお支払い)

・3月31日:給料日(7回目の費用のお支払い)

・4月30日:給料日(8回目の費用のお支払い)

・5月31日:給料日(9回目の費用のお支払い)

・6月30日:給料日(最終回の費用のお支払い)

・7月以降、自己破産の申立て
※ご依頼から翌年の6月の最終費用までの間に、自己破産の必要書類や申立書の作成を進めていき、7月以降に申立てを行うイメージです。

よくあるご質問

ここではよくあるご質問をご紹介します。

分割払いの回数はどのくらい可能ですか?

任意整理で3ヶ月~6ヶ月が目安です

任意整理費用であれば3か月~6ヶ月ほど、個人再生や自己破産の費用であれば8ヶ月~1年ほどです。

ご収入や生活状況(独身か子供がいるか、親と同居かなどなど)を加味して、分割払いの金額は、1人1人決まっていきます。

任意整理の場合では、分割払い金額は、任意整理の返済額と同額程度に設定します。

そのため、「分割払いの金額を支払うのが難しい=任意整理できない」という判断になるケースもあります。

分割払いができなくなった場合は、どうなりますか?

可能な限り、支払い予定を変更します

債務整理費用を支払っている途中で、入院や収入減などがあるケースもあります。

こうした場合には、可能な限り、費用の支払い予定を変更します。

もっとも、2か月連続支払いができないようであれば、「債務整理ができないのでは?」という判断になり、そうした場合は債務整理が中止になることもあります。

分割払いは、依頼する事務所ごとに差がありますか?

差があります

債務整理費用は、「依頼する事務所によりかなりの差がある」というのが現状です。

最近では、任意整理1社10万円近くの費用が発生する事務所もあると聞くので、この場合には、安い事務所の3倍、普通の事務所の2倍程度の費用が発生します。

高すぎる事務所に依頼をしてしまうと、1回あたりの分割払いの金額も当然高くなるでしょうから、注意しましょう。

ホームページの執筆者

司法書士・行政書士  山口広樹

・神奈川県司法書士会2376号
・法務大臣認定番号801245号
・神奈川県行政書士会4407号
・横浜商工会議所所属

横浜市出身。債務整理や過払い金を専門(業界歴14年)として、総計1万名以上の相談に対応。
横浜債務整理相談センターの運営者。

債務整理の無料相談はこちら

「優しく」「親身に」「正確な手続きを」
ご相談者のみなさまが、安心して進められる債務整理をご提案します。

  • 任意整理の和解実績は1万件以上
  • 日本全国で無料相談に対応。
  • 家族・職場に秘密の方もご安心下さい。
  • 電話・メール共にご相談は完全無料
  • 電話相談は予約不要。すぐに相談OK

お電話でのご相談はこちらから

0120-631-625

(平日)9:00〜20:00(土曜)10:00~16:00

債務整理のお問合せはこちら

債務整理の無料相談はこちら
任意整理診断を実施中!

「任意整理できる?できない?」
「任意整理で返済はどのくらい減る?」
任意整理診断は無料です!
その他、債務整理相談も全て無料です。
お気軽にご利用ください。

0120-631-625

メール相談は24時間受付。営業時間外にはメール相談をご利用ください。

横浜債務整理相談センター

運営事務所概要

司法書士法人・行政書士かながわ総合法務事務所

神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 
東武立野ビル1階
(横浜駅西口より徒歩8分)

平日9:00~20:00
土曜 10:00~16:00