債務整理のことなら債務整理相談センター(横浜・新宿)へ

■神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 東武立野ビル1F
(横浜駅西口より徒歩8分。ハマボール方面・相鉄本社ビル前)
■東京都新宿区西新宿7-21-1 新宿ロイヤルビル804
(新宿駅西口より徒歩8分。西新宿駅1番出口より徒歩1分)

受付時間:9時~21時(土曜は10時~16時、日曜祝祭日を除く)

債務整理の無料相談実施中
平日 9:00~21:00
土曜 10:00~16:00
債務整理相談フリーダイヤル
0120-631-625

個人再生と奨学金の関係

個人再生と奨学金の関係について解説する司法書士

個人再生では、住宅ローンを除く全ての借金に対してその手続きを進めなければなりません。

「カードローンだけ個人再生したい。親の借金はしなくないし奨学金も保証人がいるからしたくない」

「奨学金だけは自分で払っていきたい。他の借金は個人再生で減額したい」

という考えは、気持ちは分かりますが個人再生では残念ながら通用しないわけです。(こういったケースでは、任意整理を選ぶ方もたくさんいます)

このページでは奨学金を個人再生の対象にしなければいけない場合にどうしたらよいか?
という点について説明していきます。

個人再生をすると保証人に請求がされる

個人再生と奨学金の保証人の関係

奨学金が払えなくなったり奨学金に個人再生を行うと保証人へ請求が。

個人再生を行うと、本人(あなた)の支払いは個人再生の対象となり、借金は最大80%まで圧縮されます。

しかしは保証人に対しても個人再生を行わない限り、保証人の借金は減額されません。

とすると、奨学金の会社(日本学生支援機構など)は、より多くの支払いを受けられる保証人に請求を行うわけです。

あなたと保証人のどちらに請求してもよいのなら、より多くの金額を受け取れるほうに請求をするというのは半ば当然の考えかもしれません。

「保証人に請求がいかない方法や個人再生で圧縮した80%の金額だけ払えば良い方法はないの?」

という希望が出てくると思いますが、この場合には〝保証人に対しても個人再生の申立てを大行う〟という方法しかありません。

しかし、家族(特に両親)に対しては、個人再生を行うことを秘密にしているケースや、また、仮に秘密でなかったとしても家族まで巻き込みたくないというケースがほとんどのため、奨学金のある方は個人再生を選びずらいという難点があるわけです。

そのため、実務の現場では、個人再生を希望しているものの、保証人を巻き込みたくないということから、任意整理を希望されるケースも少なくはありません。

機関保証なら奨学金の個人再生も問題なし

機関保証なら保証会社との調整になるので、家族に迷惑はかかりません。

例えば、奨学金の融資を行っている日本学生支援機構の場合には、奨学金の保証の種類として「人的保証」と「機関保証」に分けられます。

「人的保証」とは、親や親戚など人を保証人としてつけるものです。

「機関保証」とは保証機関(公益財団法人日本国際教育支援協会)が保証人となるものです。

機関保証は、日本育英会から日本学生支援機構に引き継がれた平成16年以降の奨学金の利用者から選択ができるようになったもので、最近ではこの機関保証が利用されるケースが多くなっています。

毎月、保証料の支払いなどを行っている人はこの機関保証に該当するものです。

この機関保証の場合には、個人再生を行っても保証機関に通知がいき、保証機関が代払いをするにすぎないので、家族に秘密にしながら、また、家族を巻き込むことなく個人再生をすることができるわけです。

奨学金に保証人がいるけど個人再生を行う場合の対策

奨学金で迷惑をかけたくない

個人再生が難しい場合には任意整理で月々の支払いを抑えることも可能です

「人的保証(家族などの保証人をたてるケース)の場合でも個人再生を検討しなければならない」

中には、こんなケースもあります。

例えば、任意整理ではどう考えても支払いができない場合や、自己破産をするのに障害がある(借入れの原因に問題があったり、持ち家がある)場合などです。

このようなケースでは、保証人に秘密にはできませんが、個人再生をしても保証人に迷惑をかけない方法はあるといえばあります。

本人が個人再生の申立てをしたため、保証人へ請求がいったとしても、通常の奨学金の金額を保証人に渡して代わりに支払ってもらうわけです。

奨学金の会社は、お金さえ受け取れればそれでいいわけですので、どこのお金かには興味はありません。

個人再生の趣旨や債権者平等の原則という法律の側面から考えると望ましい行為ではありませんが、本当にやむを得ない場合には、このように対処している個人再生利用者も多いでしょう。

奨学金に個人再生を行うと一括請求にならない?

奨学金の一括請求を分割払いに交渉

奨学金に個人再生を行い一括請求されても交渉で分割払いに持ち込めます。

〝個人再生や自己破産などの裁判上の手続きを行った場合には期限の利益を喪失し一括請求〟というのは契約書上では、当たり前のように記載されています。

「自分が個人再生を行うと、保証人に請求がいって一括返済になってしまうのでは…?
両親にそんな貯金もないし、どうしたらいいですか?」

とご相談を受けるケースもありますが、契約書では一括返済でも、実際分割払いは可能なケースが多いです。

現実的なところ、一括請求をしても一括で支払える方はほぼいないため(お金がないものはないので)、分割にしなければ支払いができないためです。

仮に、始めは一括請求を要求してきたとしても(一括で払ってくれるなら助かるので言ってみるだけです。言うのはタダ理論)、難しそうであれば分割払いに応じてもらえるといったイメージです。

その他の個人再生メニュー

個人再生の解決例

当センターで実際に行った個人再生の解決例をご紹介致します。

個人再生Q&A

当センターに寄せられた個人再生についてよくある質問をご紹介致します。

個人再生ができない場合

個人再生ができない

個人再生ができない場合や行うのが難しいケースを説明していきます。

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)のご相談はこちらから!

債務整理の電話無料相談はこちらから

0120-631-625

【平日】受付時間:9:00~21:00
【土曜】受付時間:10:00~16:00
※日曜祝祭日を除く

債務整理相談はこちら

債務整理の無料相談はこちら

債務整理の無料相談!
お気軽にご利用下さい。

債務整理の無料相談はこちらから
0120-631-625

メール相談は24時間受付。
営業時間外にはメール相談をご利用ください。

運営事務所紹介

債務整理相談センター

司法書士法人・行政書士
かながわ総合法務事務所

《横浜相談室》
神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 東武立野ビル1階
(横浜駅西口徒歩8分)

《新宿相談室》
東京都新宿区西新宿7-21-1
新宿ロイヤルビル804号
(新宿駅西口徒歩8分)
(西新宿駅1番出口徒歩1分)

平日 9:00~21:00
土曜 10:00~16:00