債務整理のことなら債務整理相談センターへ

■神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 東武立野ビル1F
(横浜駅西口より徒歩8分。ハマボール方面・相鉄本社ビル前)

受付時間:9時~21時(土曜は10時~16時、日曜祝祭日を除く)

債務整理の無料相談実施中
平日 9:00~21:00
土曜 10:00~16:00
債務整理相談フリーダイヤル
0120-631-625

債務整理の相談をする人は必見!

債務整理相談のポイントを整理!

当センターでは、クレジットカードの支払いや住宅ローンの支払いが苦しい方に向けて、債務整理や任意売却などの無料相談を行っております。

債務整理の相談はどこに相談をしても一緒というわけではありません。

「債務整理に精通しているか」というレベルの差があるのが現状。電話相談やメール相談のレベルの低い司法書士事務所や弁護士事務所では全く見当違いの回答をしているケースも見受けられますので注意しましょう。

なかなか他人には債務整理の相談はしにくいものですが、債務整理はスピードが命。債務整理の内容を理解し、手続きを希望の場合には早く進めていくにこしたことはありません。

そうすることで、金銭的にも精神的にもゆとりをもつことができます。

お電話での債務整理相談はこちらをクリック
メールでの債務整理相談はこちらをクリック

債務整理の相談と借金の相談って一緒?

債務整理の相談と借金の相談

「借金の相談と債務整理の相談って一緒のこと…?」

カードの借金を相談する場合の一つとして挙げられるのが、債務整理の相談です。

「債務」とは法律用語で『借金』のことを指します。

つまり、債務整理とは「借金を整理すること」です。

そして、「借金を整理する」とはどういう意味かというと、借金を払えるようにしていくことです。

具体的には、利息の支払いをなくしたり、支払いのしやすい毎月の返済額を設定していくなどが行われます。

『今月の支払いが難しい』『今後の支払いができなくなるかもしれない』など、支払いに窮してしまっている人は、債務整理の相談を行ったほうがいいでしょう。

「支払いはできるけど、もっと支払いを減らしたい」といった借金の場合は、おまとめローンや借換えなどをまずは相談してみましょう。

金利を低くすれば支払いがなんなくできるようであれば、おまとめローンや借換えの相談となり、金利が低くなったとしても、そもそもこの借金を支払っていくのがきつい…という場合には、債務整理の相談になるというイメージです。

どこに債務整理の相談をすればいいの…?

債務整理の相談は、弁護士や司法書士(認定司法書士)に依頼することができます。

つまり、相談も司法書士や弁護士にするというわけです。

中には、NPO法人○○センターなど弁護士や司法書士事務所以外の名称のものがありますが、そこに司法書士や弁護士がいなければ、相談を受ける権限がありませんので止めておきましょう。

例えば、法テラスという団体などは、法テラスに所属している司法書士や弁護士が相談にあたっていますので、債務整理の相談をすることに問題はありません。

※なお、当債務整理相談センターは運営が司法書士法人です。

また、司法書士や弁護士にはそれぞれ専門の分野があります。
お医者さんと同じイメージで考えればわかりやすいと思いますが、内科の先生に美容整形はしてもらえませんし、耳鼻科で胃潰瘍は診てもらえません。

同じようなイメージで、債務整理を専門としていない事務所に相談をしても、相談を受けてもらえない可能性がありますので、注意しましょう。

そのため、ホームページなどで債務整理を取扱業務にしている司法書士事務所や弁護士事務所に相談をするのが一番の近道と言えるでしょう。

どんなことが相談できるの?

債務整理の相談

債務整理の相談というと難しく聞こえてしまうかもしれませんが、「カードの借金が払えない」、「今後もこのペースで支払っていく自信がない」という場合に相談をすればよいのです。

債務整理手続きの中の分からない部分を聞く相談ではありません。

だから、債務整理のことが全然分からなくても、もちろん大丈夫です。

「借金の支払いがどのくらい減るか」
「あなたがどういう対策をとればよいか」

といったことを、あなたの借金状況や生活状況から判断してどのような債務整理が向いているかをアドバイスしてもらえます。

もちろんですが、相談をしたからといってカード会社にそのことが伝わるわけではありませんし、相談をしたら債務整理をしなければいけないなんてこともありません。

また、当センターに限っても月間で200件以上のご相談には対応しているため、債務整理の相談が珍しいなんてことももちろんありませんのでご安心を。

電話以外でも相談はできる…?

債務整理相談の方法として考えられるのは、

①電話相談
②面談相談(対面での相談)
③メール相談
④LINE相談

の4つが考えられます。

このうち、①②については、どこの司法書士事務所・弁護士事務所でも行っています。

一方で、③のメール相談については、半数ぐらいの事務所は行っていますが、どこの事務所でも行っているわけではないようです。
④のライン相談の場合には、より少ないと思われます。

メール相談やLINE相談を希望する場合には、希望する相談先がこれに対応しているか確認してみましょう。

なお、当債務整理相談センターでは、①~④いずれの方法でもご相談は可能です。

債務整理の相談に必要なものとは…?

債務整理相談に必要なもの

①自分の借金の内訳が分かるもの
②自分の家計状況

この2点については、相談をする前に必ず整理しておきましょう。

債務整理をして支払っていけるか、又は支払っていくことが難しいか(破産するべきか)は、もちろん借金の中身が分からないと判断ができません。

また、収入がいくらあって生活費としていくら支出があるかなど、家計の状況が分からないと、債務整理をして支払っていけるかが判断できません。

例えば、300万円の借金を支払っていくのに、年収250万円の人と年収500万円の人では毎月支払える金額は変わります。

また、同じ年収500万円の人でも、独身か家族がいるかによっても毎月支払える金額は大きく変わります。

つまり、こうした中身が分からなければ、「払えるか払えないか」の正確な判断はできるわけもありません。

必要なものというよりは、必要な情報として上記の中身を整理しておけば、債務整理の相談もスムーズに進むでしょう。

債務整理相談におすすめな事務所と注意したい事務所は?

債務整理相談におすすめな事務所

債務整理の相談をする上でおすすめの事務所についてお話しします。

①相談していて安心ができる
②質問に即座に回答できる
③マナーがしっかりしている

この3点を重視するといいでしょう。

相談の段階で①の安心ができなければ、その後に債務整理の手続きをする場合には不安な手続きになるのが目に見えています。

②は知識量の多さと経験です。疑問になんでも答えてくれて即座に回答できるところは、それだけ日々債務整理の業務を行っているからと言えます。

一方で、即座に回答できない場合には、ただの電話要員の人が相談に対応している可能性が高いというわけです。

③は社会人として当然ですが、こうしたマナーも確認したほうが良いでしょう。
中には、横柄な弁護士事務所や司法書士事務所もあると、ご相談者さんからは聞いたことがあります。

注意したい事務所

①手続きの契約を急がす
②デメリットを説明しない
③メールで問合わせをしても電話がかかってくる

①については、ご相談者さんから伺ったケースですが、相談をしたいのに債務整理手続きの契約を急がす事務所もあるそうです。満足な相談を受けられないところは、注意です。

②についてもそうですが、債務整理にはデメリット(や注意点)もあります。
事前にしっかりと説明を受けないと、あとで思わぬトラブルに巻き込まれます。

③はメール相談が可能とされていながら、電話がかかってくるケースです。
希望通りに対応してくれない事務所にも、注意が必要です。

その他の債務整理メニュー

債務整理の相談者の声

債務整理のご相談者の声

当センターを利用されたご相談者の声をご紹介しております。

債務整理の費用

債務整理の費用

当センターに実際に依頼をされた場合の債務整理の費用をご案内致します。

債務整理Q&A

債務整理の知恵袋

債務整理でよくある質問をQ&A方式でご紹介しております。

債務整理の無料相談はこちら

「優しく」「親身に」「正確な手続きを」
ご相談者のみなさまが、安心して進められる債務整理をご提案します。

  • 任意整理の和解実績は1万件以上
  • 日本全国で無料相談に対応。
  • 家族・職場に秘密の方もご安心下さい。
  • 電話・メール共にご相談は完全無料
  • 電話相談は予約不要。すぐに相談OK

お電話でのご相談はこちらから

0120-631-625

(平日)9:00〜21:00(土曜)10:00~16:00

債務整理相談はこちら

債務整理の無料相談はこちら

債務整理の無料相談!
お気軽にご利用下さい。

債務整理の無料相談はこちらから
0120-631-625

メール相談は24時間受付。
営業時間外にはメール相談をご利用ください。

運営事務所紹介

債務整理相談センター

司法書士法人・行政書士
かながわ総合法務事務所

神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 東武立野ビル1階
(横浜駅西口徒歩8分)

平日 9:00~21:00
土曜 10:00~16:00