債務整理のことなら債務整理相談センター(横浜・新宿)へ

■神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 東武立野ビル1F
(横浜駅西口より徒歩8分。ハマボール方面・相鉄本社ビル前)
■東京都新宿区西新宿7-21-1 新宿ロイヤルビル804
(新宿駅西口より徒歩8分。西新宿駅1番出口より徒歩1分)

受付時間:9時~21時(土曜は10時~16時、日曜祝祭日を除く)

債務整理の無料相談実施中
平日 9:00~21:00
土曜 10:00~16:00
債務整理相談フリーダイヤル
0120-631-625

任意整理の知恵袋!
任意整理でよくある質問(まとめ)

任意整理Q&A

任意整理Q&A

このページでは、任意整理でよくあるご質問を任意整理の知恵袋としてQ&A方式でご紹介します。

任意整理は、裁判所を関与させない一番気楽にできる債務整理と言われています。

〝今後の支払いに利息をかからないようにする〟
〝負担のあるリボ払い設定をいったん白紙に〟
〝毎月の返済額を現在の生活状況に修正する〟
という点が任意生理の主要な約割です。

任意整理について疑問点があれば、下記のQ&A以外の点もお気軽にご相談下さい。

任意整理とはどんな手続きですか?

裁判所を通さない簡易な債務整理です。

任意整理とは債務整理の手続きの一つ。
裁判所を使わない一番簡単な債務整理です。

その特徴としては、

①裁判所を通さないので個人情報は絶対に漏れないこと。
②現在の支払いを利息なしの返済に変えること。
③利息の返済がないので月々の支払い額が1/4~半分程度まで減ること。

があげられます。

任意整理をすると月の支払額はどのくらい変わりますか?

現在の半分程度になる方が多数です

任意整理では、今後の利息の支払いをカットしていくため、連動して支払額も下がっていきます。通常、任意整理を行うことで、200万円ぐらいの借金の方で月30,000~35,000円、300万円ぐらいの借金の方で月45,000円~50,000円、400万円ぐらいの借金の方で月60,000円~7万円程度にすることが可能になります。

任意整理は、簡易に支払額を抑えることのできる債務整理方法と言えます。

任意整理を行って家族に知られることや影響がでることはありますか?

ありません。家族カードの場合だけ注意です。

任意整理を行ってもご家族に知られることはありません。なぜなら、カード会社からの書類や連絡は私たち宛に到着すること、私たちからあなたへの連絡もあなたの希望する連絡方法に合わせて行うためです。

また、任意整理を行ってもご家族がブラックリストになることはありませんし、ご家族のカードが使用できなくなるということもありません。但し、家族カードであなたが親カードである場合には、親カードを停止させれば子カードも使えなくなります。

任意整理をするとどんなデメリットがありますか?

信用情報機関に事故情報登録(ブラックリスト)されます。

任意整理を行うと、金融機関が保有する信用情報機関に事故情報として登録がされます。これを一般的にブラックリストといいますが、ブラックリストになると、5年~7年は「新しくクレジットカードを作成すること」「所持しているクレジットカードを使うこと」「車のローンをくむこと」「住宅ローンをくむこと」などができなくなります。

いわゆる後払いの支払になるようなものは制限されてしまうわけです。

〝クレジットカードの任意整理を行う=後払いのものが払えなくなった〟
というわけなので、後払いになるものは禁止されてしまうというわけです。

車のローンがあるので任意整理するのをためらっていますがどうしたらよいでしょうか?

車のローン以外のカードを任意整理します

任意整理は借入先のカード会社すべてに行わなければいけないものではありません。
この点が、個人再生や自己破産と違う任意整理の大きな強みです。

車のローンや保証人付きのローン、家族カードのローン等はご希望があれば手続きには含めず、それ以外にカードローンの支払いを抑えることで、支払いのしやすい環境を整えていきます。

任意整理の手続きを依頼するとどのくらい費用がかかりますか?

カード会社1社につき3万円ほどの費用が発生します。

任意整理の費用は、各司法書士事務所又は弁護士事務所毎にばらつきはありますが、カード会社1社辺りにつき、2万円~5万円ほどの費用が発生するのが一般的です。

当センターでは、1社あたり3万円ほどの費用が基本費用として発生します。

その他、実費代や着手金、減額報酬、返済管理費用など基本報酬以外の費用も事務所毎に異なっています。

任意整理を依頼するのに費用の心配があります。
本当にカードの支払いとは重ならないのでしょうか…?

重ならないように調整していきます。

任意整理の費用とカード会社の支払いが重複してしまうと、基本的にほとんどの方が任意整理を行うことができなくなってしまいます。そのため、任意整理の費用とカード会社の支払いは重複しないように調整されていきます。

任意整理が開始されると、今までの支払いは止まります。
カードの支払いが止まった→費用の支払い開始→費用の支払いが終わった→任意整理でのカードの支払い開始というかたちで両者が重複しないようになっているわけです。

任意整理を依頼して希望した毎月の支払額になるか心配です。
失敗して支払額が大きくなったりしたことはありますか…?

ありません。事前に任意整理診断をご利用ください。

任意整理は交渉をしてみないと全くどうなるか分からない…というような重大なケースは、正直言ってあまりありません。カード会社毎のある程度の任意整理の基準をクリアしていれば、問題なく成功させることができる手続きです。

当センターでは任意整理の依頼数が多いため、大手の消費者金融やクレジット会社であれば日常的に交渉を行っています。そのため、カード会社毎の任意整理の基準や交渉のタイミングは熟知しています。

そして、当センターでは任意整理の無料診断を行っております。
これは事前に任意整理を行ったらどのような結果になるかを診断するものです。

他の依頼者で毎日のように状況を把握することができることで、精度の高い任意整理の診断をすることができるというわけです。

そのため、利用者が極端に少ないカードであったり、一度も支払っていない、2、3回しか払っていないという場合には交渉次第となりますが、それ以外は診断通りに進めていくことが可能です。

こちらに相談をして任意整理をするのが難しいような場合には、どうなるのでしょうか?

個人再生や自己破産を検討していきます

債務整理には、任意整理の他に個人再生や自己破産といった方法もあります。

任意整理は債務整理の中でも一番軽微な手続きのため、難しい場合にはより大きな対処方法を施していく必要があるということです。

任意整理を行うことが難しい場合には、借金を最大で80%カットする個人再生や借金の支払いを完全になしにする自己破産などの方法を提案していきます。

「個人再生」について詳しくはこちらから

→「自己破産」について詳しくはこちらから

任意整理というのはどのくらいの人がしているものなのでしょうか?

1ヶ月に1万~1万5,000名、年間15万名前後は行っているでしょう。

平成26年度の統計によれば、日本全国で自己破産の申立件数は65,393件、個人再生の申立件数は7,668件で合計73,061件となっています。平成16年当時は、自己破産申立件数は21万1,860件、個人再生は26,346件の合計23万8,206件でした。

近年では、自己破産や個人再生の件数は減少していますが、これは借金をする人が減ったという単純な理由ではなく、任意整理の手続きで済んでいるからです。(平成16年当時は任意整理というものがまだまだ一般化されていませんでした)

これを前提に、23万8,206件-73,061件=16万5,145件が任意整理対象者になっていると考えると、年間で15万人前後が任意整理を行っている可能性が高いわけです。

任意整理をしても今支払っている住宅ローンには影響はありませんか?

影響はありません。

任意整理をすると、住宅ローンの審査には5年~7年は通らなくなります。

しかし、今ある住宅ローンは既に審査が終わったものなので、このまま約束通りに支払っていけばなにも問題はありません。

任意整理の依頼をしても予定通りに進むか心配です…。
依頼したとおりに実現するのは何%ぐらいの確率ですか?

大手のカード会社ならほぼ100%予定通りに進められます。

任意整理ではある程度の和解ができる相場というものがあります。

例えば、「このカード会社であれば5年以上でも和解できる」「この会社はこの期間の利用であれば厳しい条件を提示される可能性がある」などの相場感です。

当センターでは、大手の消費者金融や大手のクレジット会社であれば、日常的に任意整理の和解交渉を行っていますので、相場感は常に把握できる状況にあるわけです。

そのため、任意整理の手続きを始める前でも、借入れの状況がある程度把握できるのであれば、任意整理の試算も可能なわけです。

任意整理を行った場合、「いつから」「どのぐらいの期間」ブラックリストになりますか?

「介入した時」から5年~7年です。

「任意整理の支払いが終わった時から…」

「任意整理の手続きが始まってから…」

などがブラックリストの開始期間と思われている方もいらっしゃいますが、ブラックリストの開始は、あくまで「私たちに依頼をした時(介入通知が受理されたとき)」になります。

任意整理をお願いしたいのですがどうすればよいですか?

まずはメール・LINE・お電話よりお問合せ下さい

メール又はお電話の無料相談で任意整理が可能か、それとも個人再生や自己破産を検討される必要があるかなどをご案内いたします。その後、ご予約を頂いた上で来所での無料相談となり、相談後にご希望であれば任意整理の手続きの手配を進めていきます。(時間は30分~1時間ほどです。)

横浜駅より徒歩7分ほどの横浜店、又は、新宿駅より徒歩8分の東京店にて面談相談が可能です。

ご来所の際にご持参いただくのは下記の4点です。

①ご印鑑(実印でなく認印で可。シャチハタは不可)

②借入先のカード(破棄・紛失などの場合はその旨を伝達頂ければ問題ありません)

③身分証明書(免許証・保険証・パスポート・住基カードなど)

④借入先の明細(請求書・伝票・契約書等ある限りで結構です)

その他の任意整理メニュー

任意整理で借金はどのくらい減るもの…?

任意整理で借金はどのくらい減る?

利息やリボ手数料をカットできる任意整理。大きな減額効果を知っていますか?

当センターの任意整理の成功例をご紹介!

任意整理の事例

当センターで行った任意整理の事例の一部をご紹介致します。

各カード会社・銀行の債務整理の対応は…?

クレジットカード

楽天、セゾン、などカード会社によって債務整理の対応は会社毎に違います。

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)のご相談はこちらから!

債務整理の電話無料相談はこちらから

0120-631-625

【平日】受付時間:9:00~21:00
【土曜】受付時間:10:00~16:00
※日曜祝祭日を除く

債務整理相談はこちら

債務整理の無料相談はこちら

債務整理の無料相談!
お気軽にご利用下さい。

債務整理の無料相談はこちらから
0120-631-625

メール相談は24時間受付。
営業時間外にはメール相談をご利用ください。

運営事務所紹介

債務整理相談センター

司法書士法人・行政書士
かながわ総合法務事務所

《横浜相談室》
神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 東武立野ビル1階
(横浜駅西口徒歩8分)

《新宿相談室》
東京都新宿区西新宿7-21-1
新宿ロイヤルビル804号
(新宿駅西口徒歩8分)
(西新宿駅1番出口徒歩1分)

平日 9:00~21:00
土曜 10:00~16:00