債務整理のことなら債務整理相談センター(横浜・新宿)へ

■神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 東武立野ビル1F
(横浜駅西口より徒歩8分。ハマボール方面・相鉄本社ビル前)
■東京都新宿区西新宿7-21-1 新宿ロイヤルビル804
(新宿駅西口より徒歩8分。西新宿駅1番出口より徒歩1分)

受付時間:9時~21時(土曜は10時~16時、日曜祝祭日を除く)

債務整理の無料相談実施中
平日 9:00~21:00
土曜 10:00~16:00
債務整理相談フリーダイヤル
0120-631-625

個人再生の解決事例

個人再生の解決例を解説する司法書士

こちらでは当センターの個人再生の解決事例についてご紹介いたします。

一言で言うと、個人再生の最大の特徴は

「現在の借金の大幅なカットが可能なこと」

です。最大で現在の借金の1/5を支払っていけばよく、4/5の借金をカットできるというかたちです。

これは住宅ローンには使えませんが、住宅ローン以外の借金(カードでの借金)を個人再生することで、月々のカードの支払いの出費を減らし、住宅ローンの支払いができるようになる狙いです。

個人再生の解決事例のご紹介

住宅ローンの支払いができるようになった

カードローンの支払いが増え、生活がままならなくなり、「このままでは住宅ローンの支払いができなくなるかもしれない…」というEさん。このままでは、住宅ローンの支払いができなくなると思い、インターネットで個人再生を知り当センターに相談をされました。

Eさんは、クレジット会社6社に対して計460万円の債務を抱えている状況でした。

給与所得者再生よりも小規模個人再生のほうが返済が低くなる見込みがあったため、小規模個人再生を進めました。

[個人再生前の状況]

・給料は手取りで30万円。

・クレジット会社6社に対して月々15万円程度の支払い。

・住宅ローンの支払いで月々10万円の支払い。

・マンションの管理費等で月々3万円ほどの支払い。

30万円の収入のほぼ全てが、カードや住宅ローンの支払いに消えている状況であったため、Eさんはカードで生活費を補っているという破綻する一歩手前でした。

[個人再生後]

個人再生を行い、Eさんの460万円あった債務は100万円まで減額され、月々の支払い額は3万円まで減りました。

個人再生によりブラックリストにはなったものの、

・カードの支払い:3万円

・住宅ローンの支払い:10万円

・マンションの管理費等:3万円

でカードや住宅ローンの毎月の支出額を16万円に抑えることができるようになり、生活費に14万円充てることができるようになりました。

やっと支払いができるメドが見えました

カードローンの支払いがここ2,3年で一気に増えてきたUさん。

転職する時にカードローンを使い始め、交際費やギャンブルなどでも使用するようになり、あっという間に借金の総額は300万円を越えてしまったようです。

当センターに相談にいらっしゃった時には、

「他社から借りて他社の支払に充てる」

「生活費はクレジットカードのお買い物で…」

という状態で、700万円近い借金を抱えている状況でした。


[個人再生前の状況]

・給料は手取りで25万円ほど。

・クレジット会社8社に対して月々20万円程度の支払い。

・賃貸の毎月の家賃が8万円。

・退職金見込額が920万円ほど

・実家のマンションの不動産持分を1/10所有(価値300万円)

月々の出費が手取り収入を上回る状態となっていたUさんは、当初は、任意整理を希望していましたが、700万円では任意整理を行っても毎月10万円~12万円近くの支払いになってしまうこと、Uさんの収入ではその支払いを数年続けていくことは難しいとアドバイスし、裁判所の手続きに抵抗はありましたが、個人再生を選択されました。

[個人再生後の状況]

個人再生を行い、マンションの不動産持分という財産がなければ、Eさんの700万円あった債務は120万円まで減らせる予定でしたが、マンションの価格部分は財産にあたるので、この財産価値である300万円の支払いにしていく個人再生を選択しました。

月々の支払い額は、5年払い(60回)で調整を行い、5万円となりました。

個人再生によりブラックリストにはなったものの、

・カードの支払い:5万円

・毎月の家賃:8万円

でカードや家賃の毎月の出費を13万円に抑えることができるようになり、生活費に12万円を充てることができるようになりました。

自宅を残してカードの返済を個人再生で減額

個人再生で家を守ることができたHさん

Aさん(48歳)東京都多摩市

手続きに至った経緯

住宅ローンとカードの返済で自転車操業になってしまったAさん。カードの支払いが大きくなってしまったことで、住宅ローンの支払いを圧迫。

「このままでは住宅ローンが払えなくなるかもしれない…」と思ったAさんは、無料相談に。

任意整理では月に10万円ほどの高額な返済になってしまうことから、個人再生を提案。

住宅ローンはこのまま自分で返済を続けながら、カードの借金を490万円から100万円に減額し、月々3万円ほどの返済になる可能性があることなどを説明しました。

個人再生のデメリットである官報への掲載やブラックリストに1週間ほど悩まれましたが、自宅を守るために個人再生を決意されました。

個人再生を行った結果!

カード会社・銀行計7社に490万円あった借金に個人再生の申立てを行いました。

Aさんには特に財産的価値のあるものもなかったため、個人再生はスムーズに進行し、490万円あった借金は100万円に減額されました

月々の返済額は3万円に。3年以内の完済を目途とするかたちで認可されました。

元々は、カード返済だけで15~20万円近い返済額が発生していたAさんでしたが、これで住宅ローンの返済にも余裕ができるようになりました。

その他の個人再生メニュー

個人再生ができない場合とは?

個人再生ができないポイント

個人再生を行うことが条件的に難しい場合を説明していきます。

個人再生と奨学金の関係とは?

奨学金

奨学金の返済がある方が個人再生をする場合の注意点などを説明します。

個人再生の知恵袋

個人再生ができて喜んでいる人

個人再生でよくある質問をQ&A方式でまとめてあります。

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)のご相談はこちらから!

債務整理の電話無料相談はこちらから

0120-631-625

【平日】受付時間:9:00~21:00
【土曜】受付時間:10:00~16:00
※日曜祝祭日を除く

債務整理相談はこちら

債務整理の無料相談はこちら

債務整理の無料相談!
お気軽にご利用下さい。

債務整理の無料相談はこちらから
0120-631-625

メール相談は24時間受付。
営業時間外にはメール相談をご利用ください。

運営事務所紹介

債務整理相談センター

司法書士法人・行政書士
かながわ総合法務事務所

《横浜相談室》
神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 東武立野ビル1階
(横浜駅西口徒歩8分)

《新宿相談室》
東京都新宿区西新宿7-21-1
新宿ロイヤルビル804号
(新宿駅西口徒歩8分)
(西新宿駅1番出口徒歩1分)

平日 9:00~21:00
土曜 10:00~16:00