債務整理のことなら債務整理相談センターへ

■神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 東武立野ビル1F
(横浜駅西口より徒歩8分。ハマボール方面・相鉄本社ビル前)

受付時間:9時~20時(土曜は10時~16時、日曜祝祭日を除く)

債務整理の無料相談実施中
平日 9:00~20:00
土曜 10:00~16:00
債務整理相談フリーダイヤル
0120-631-625

おまとめローンと債務整理を比較!

それぞれのメリット・デメリットをチェック!

おまとめローンと債務整理の比較をしてみましょう。

当初は、銀行でのおまとめローンが主流でしたが、現在では、消費者金融なども積極的におまとめローンを行っています。

一方、債務整理も、世間からだいぶ認知されるようにはなってきましたが、やはり「ブラックリスト」というデメリットを気にする人からは、「カードが使えなくなるのが嫌だ」という理由で、敬遠されることもあります。

「ブラックリストにならないからおまとめローン」という考えも一理あります。

しかし、おまとめローンと債務整理では、返済する金額に大きな差があります。

こうしたそれぞれのメリット・デメリットを解説していきます。

おまとめローンとは?

おまとめローンとは?

「借金を一本化!○○銀行のおまとめローン」

CMで流れ始めた当初は、画期的なものとして多くの問合せがあったようです。それ故に、カードの支払いが苦しい人が、対策として、まず頭に浮かぶのがおまとめローン。

おまとめローンのメリットは、
★返済を一か所にまとめられること
★利息を下げられること(なしではない)

おまとめローンの仕組みを具体例を使って見ていきましょう。

例:Rさんの場合
・A社に80万円・B社に50万円・C社に50万円・D社に100万円
(キャッシング金利は18%・買物手数料は15%で支払っている)
・A社におまとめローンを進められる。金利は12%と相場より安くなる。

Rさんが4社に抱えている計280万円の借金を、おまとめ先のA社が一括返済をして借金を肩代わりします。Rさんは今後、肩代わりしてくれたA社だけに対して、支払いをしていくシステムです。

RさんがA社だけの顧客になってくれた代わりに、A社は利息を12%に設定してくれました。今までの18%や15%よりも利息が下がったというわけです。

おまとめ前は1年間で45万円の利息が発生していましたが、おまとめで利息が12%になったことで、利息の支払いは1年間で33万円ほどにおさまりました。
月々の支払いは、A社1社に毎月7万円となりました。

おまとめローンの裏側(デメリット)とは…?

おまとめローンでは過払い金を考慮してくれない

おまとめローンでは、過払い金が発生するケースでも過払い金の計算をしてくれません。…ということは、過払い金によって支払いをしなくても良い金額まで一括返済してしまいます。(過払い金の計算をしておまとめする必要がなくなったら商売になりませんから…)

ただ、このA社のようなおまとめ先は、法律の専門家(司法書士や弁護士)ではないので、そもそも過払い金の計算ができないのかもしれません。

しかし、Rさんからすれば過払い金で借金を0にできたチャンス。しかし、過払い金の計算をされなかったため、借金は一本化されたものの、無駄なお金を支払ってしまうことにはなるわけです。

おまとめ先の利息が総どりで儲かる仕組み

おまとめローンはおまとめ先が利息を総取りできるおいしいシステム

おまとめローンは〝借金を1本化できて〟〝利息も安くなる〟という言葉だけを見ると、「これはいいものだ!」と見えるでしょう。確かにこの点はおまとめローンのメリットではあります。

しかし、おまとめローンはあくまで〝おまとめ先が利息を総取りできるおいしいシステム〟なのです。A社は元々金利18%で80万円を貸していました。この場合に1年間で取得できる利息は14万4,000円。おまとめして280万円を金利12%とすると、1年間で取得できる利息は約33万円と、以前よりも多くの利息を受け取れるわけです。他に支払っている利息をA社が総取りすることで、A社自体が〝儲かる〟わけです。

おまとめローンは審査が厳しいので通らないことも…

おまとめローンは審査が厳しい…審査に通ればおまとめローンもあり。

〝おまとめローンには審査があります〟これもなんだか聞いたことのある言葉ですよね。

おまとめローンは、利息が総取りできるシステムとは言え、支払いを受けられなくなったら金額が大きい分おまとめ先はダメージを受けます。

そのため、通常のクレジットカードの発行や消費者金融のカードを発行するときよりも審査はかなりきつくなります。(最初は10万円や50万円からカードは発行されますが、おまとめはいきなり100万円・200万円…500万円スタートなので審査が厳しいのは当然ですよね)

債務整理とは…?

債務整理とは?

債務整理(さいむせいり)とは、司法書士や弁護士に依頼をして行うカード関係の借金整理の方法です。

債務整理の代表格は任意整理(にんいせいり)。

裁判所を利用しない手軽さで、家族にも内緒にしたままできる手続きです。

任意整理のメリットは、
★利息の支払いがなくなること
★月々の支払額を半分程度に抑えられること。
があげられます。

例:Rさんの場合

・A社に80万円・B社に50万円・C社に50万円・D社に100万円
(キャッシング金利は18%・買物手数料は15%で支払っている)
・司法書士に任意整理を依頼。利息の支払いは全て無くなることに。

Rさんが4社に抱えている計280万円の借金を司法書士が任意整理。
1年間に4社から45万円(1ヶ月辺り3万7500円)ほどの利息が発生していたが、任意整理でこの利息の支払いは0に。月々の支払いは、4社で毎月45,000円になりました。

債務整理の裏側(デメリット)とは…?

5年~7年はクレジット関係の利用はできなくなる

「債務整理をするとブラックリストになる…」
こんな言葉を聞いたことはありませんか?

債務整理を行うと支払いが楽になる反面、ペナルティとしてブラックリストになります。ブラックリストになると基本的に現金主義となり、後払いなどが一定年数(5年~7年)は認められなくなります。

そのため、クレジットカードの利用や銀行のカードローンの利用は、支払いが後払いとなりますので禁止されます。これがブラックリストにより、「カードが使えなくなる」というものです。

費用の高い事務所にだとおまとめのほうがましなことも…

債務整理費用の金額は依頼する司法書士事務所や弁護士事務所毎に開きがあります。費用が安い事務所もあれば、費用が高い事務所もあるということです。

安い事務所と高い事務所を比較した場合には、2倍ぐらい費用が変わるケースは珍しくなく、ケースによっては3倍ぐらい費用が変わるケースもあります。

「安かろう悪かろう」のケースもありますので、費用が安いからいいというわけでもないですが、「高くて悪い」は依頼する価値がないのは明らかです。

そして、一定数の弁護士事務所や司法書士事務所ではその費用がとんでもなく高いところも存在します。

こうした事務訴に依頼をした場合、さすがに今支払っている金額よりは下がったとしても、その下がり方が微量(債務整理をするほどでもない)な上にブラックリストになるぐらいであれば、おまとめローンにしたほうが良いケースもあります。(おまとめはブラックにならないため)

原則1カ所に返済はまとめないが…例外はあり。

債務整理ではカード会社毎に交渉を行い、支払い方法を変更していくものです。つまり、債務整理を行う司法書士事務所や弁護士事務所が、おまとめローンのようにカードの一括返済をするわけではないため、カードの支払いが1カ所にまとまるということは基本的にありません。

債務整理をしたそれぞれのカード会社毎に支払いを行っていくことになり、その支払い方法は銀行振り込みとなります。

例外は、依頼を行った司法書士事務所や弁護士事務所が債務整理の返済の代行まで請け負ってくれる事務所の場合です。
(債務整理を行っている全ての事務所が対応しているわけではありません)

この場合には、債務整理が始まった後も、依頼先にカード会社の支払い分を一括して振り込みをすれば、依頼先の事務所が返済代行を行ってくれるというわけです。但し、返済代行を依頼するとその分の手数料は発生します。

おまとめローンと債務整理の比較

おまとめローンと債務整理の違いについて徹底比較してみましょう。

おまとめと債務整理の比較表
  おまとめローン 債務整理
利息の支払い ✖ あり
(利息が安くなるだけ)
◎ なし
(利息の支払いは0に)
ブラックリスト ◎ ならない
(クレジットカードなどはそのまま使える)
✖ あり
(5年~7年はクレジットやローンは禁止)
過払い金の清算

✖ できない

別途専門家に過払い金請求の依頼の必要あり)

○ あり

(債務整理と過払い請求を並行して進める)

支払い金額の多さ

△ やや多い

(利息が安くなる程度。劇的に変わることはない)

 とても少ない

(利息が無くなるので年間数十万の支払い減額)

手続きの目的

✖ 顧客獲得のため

(おまとめは既に他社のお客さんになっている人を横取りするシステム。)

 債務者救済のため

(債務整理は、法律の専門家が支払いに窮した人を救うためのシステム)

支払いの手間

 楽になる

(支払い先がおまとめの壱か所になる)

✖ 変わらない

(カード会社毎に銀行振込み。但し例外はあり)

おまとめと債務整理は結局どちらがいい?

おまとめローンと債務整理で悩む

債務整理とおまとめローンを比較した場合では、

゛利息を少し減らしてブラックリストにならず支払いを1箇所に集中できて支払いが楽になる〟
これがおまとめローンの特徴です。

利息が若干減るぐらいですので、支払い自体がそんなに楽になるわけではありませんが、ブラックリストにならないことと支払いが1ヶ所に集中できて楽なことがポイントです。

゛利息をなくして支払いを行っていくので返済額が大幅に下げられるようになる〟
これが債務整理の特徴
です。

利息をカットする分、おまとめローンとは比較にならないほど支払額をさげられるようになります。

例えば、300万円を15%でおまとめローンにしたときには年間45万円の利息が発生、12%であっても年間36万円の利息が発生します。債務整理では、この36万円~45万円がかからないと思うと金銭的な負担の差は明白でしょう。

ホームページの執筆者

司法書士・行政書士  山口広樹

・神奈川県司法書士会2376号
・法務大臣認定番号801245号
・神奈川県行政書士会4407号
・横浜商工会議所所属

横浜市出身。債務整理や過払い金を専門(業界歴14年)として、総計1万名以上の相談に対応。
横浜債務整理相談センターの運営者。

債務整理の無料相談はこちら

「優しく」「親身に」「正確な手続きを」
ご相談者のみなさまが、安心して進められる債務整理をご提案します。

  • 任意整理の和解実績は1万件以上
  • 日本全国で無料相談に対応。
  • 家族・職場に秘密の方もご安心下さい。
  • 電話・メール共にご相談は完全無料
  • 電話相談は予約不要。すぐに相談OK

お電話でのご相談はこちらから

0120-631-625

(平日)9:00〜20:00(土曜)10:00~16:00

債務整理のお問合せはこちら

債務整理の無料相談はこちら
任意整理診断を実施中!

「任意整理できる?できない?」
「任意整理で返済はどのくらい減る?」
任意整理診断は無料です!
その他、債務整理相談も全て無料です。
お気軽にご利用ください。

0120-631-625

メール相談は24時間受付。営業時間外にはメール相談をご利用ください。

横浜債務整理相談センター

運営事務所概要

司法書士法人・行政書士かながわ総合法務事務所

神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 
東武立野ビル1階
(横浜駅西口より徒歩8分)

平日9:00~20:00
土曜 10:00~16:00