債務整理のことなら債務整理相談センター(横浜・新宿)へ

■神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 東武立野ビル1F
(横浜駅西口より徒歩8分。ハマボール方面・相鉄本社ビル前)
■東京都新宿区西新宿7-21-1 新宿ロイヤルビル804
(新宿駅西口より徒歩8分。西新宿駅1番出口より徒歩1分)

受付時間:9時~21時(土曜は10時~16時、日曜祝祭日を除く)

債務整理の無料相談実施中
平日 9:00~21:00
土曜 10:00~16:00
債務整理相談フリーダイヤル
0120-631-625

債務整理後に借入れやローンを組むことはできる?
原則お金は借りられないが一部貸してくれるところも…

債務整理について説明する司法書士

「債務整理してもお金は借りられる…?」

「債務整理後にお金が必要になったらどうすればいいんだろう…?」

債務整理(さいむせいり)とは、カード返済が苦しくなった場合の借金整理の方法。債務整理には、任意整理・個人再生・自己破産などの方法があります。

任意整理・個人再生といった債務整理を行うと、利息の支払いがなくなり、自分で支払うよりも借金の支払いを大きく減らすことができます。また、自己破産はみなさんもご存じの通り、借金が0になります。

債務整理では、こうしたメリットがある反面、デメリットもあります。
それは、ブラックリストになってしまうこと。クレジットカードが使えない、お金を借りることができないというデメリットが債務整理にはあるわけです。

「失業して収入がなくなってしまったらどうしよう?」

「ケガや病気で急に医療費が必要になったらどうすればいい?」

債務整理後について、このような心配をもつのは当然でしょう。

債務整理をすると、原則お金は借りられなくなりますが、ブラックリスト中でもお金を借してくれる中小クラスの消費者金融も存在します。

しかし、そうした会社からお金を借りることにはデメリットもあります。
また、債務整理の手続き中や債務整理の返済中に新しくお金を借りてしまうと、返済計画が狂ってしまい債務整理自体が失敗してしまうこともあります。

このページでは、債務整理をしてからお金を借りることのリスクやデメリットに加え、債務整理後にお金に困ったらどこに相談するべきかを説明していきましょう。

債務整理でブラックになると原則お金を借りられない

任意整理・個人再生・自己破産といった債務整理を行うと、いわゆる「ブラックリスト」という状態になります。

「ブラックリストになる」とはどういう状態であるか説明していきましょう。

銀行・クレジットカード会社・消費者金融などお金を貸してくれるところは、「信用情報機関」という機関に加盟しています。債務整理を行った場合には、この信用情報機関に「借金をあらかじめ決まっていた条件で返すことができなかった」という情報が伝わり、信用情報に傷がついてしまいます。(信用情報への事故情報登録)

信用情報というのは、
・クレジットカードの利用状況
・債務整理をしているか、していないか
・携帯電話料金の滞納がないか
といった、情報が記載されています。

銀行やクレジット会社、消費者金融などは、お金を貸す相手に支払能力があるかを確認するために、この信用情報を使って審査を行います。つまり、信用情報に傷がついている(ブラックリストになっている)状態の場合には、ほとんどの場合で審査に落ちてしまうため、お金は借りられないということになるのです。

「一度ブラックリストになると一生お金は借りれないの?」

ブラックリストは一定期間で解除されます。債務整理をしてブラックリストになっても、永遠にお金を借りられなくなるわけではありません。ブラックリストは一定期間で解除されると決まっています。

ブラックリストになる期間は、任意整理の場合は5年~7年程度(おおむね任意整理の返済が終わる頃)、個人再生・自己破産の場合は5~10年程度です。この期間が過ぎれば、以前と同じようにお金を借りられるようになるというわけです。

債務整理中・債務整理後でもお金を貸してくれる会社はあるがデメリットやリスクが伴う

債務整理をしてもお金を貸してくる会社はありますがお勧めすることはできません。

債務整理をするとブラックリストに載るため、銀行・クレジットカード会社・大手の消費者金融(アイフル・プロミス・アコム・レイクなど)からはお金を借りることができなくなります。

しかし、一部の中小クラスの消費者金融では、お金の貸し出しを行っているところもあるようです。例えば、アロー、セントラル、アルコ、フタバ、ライフティ、フクホーなどの会社がその一部です。

このような中小消費者金融では、あなたの収入や家計の状況などから独自の審査を行い、その結果に応じて比較的少額のお金を借りられるシステムになっています。

これらの会社であれば、債務整理中でも、債務整理後(ブラックリストの期間)でもお金を借りることはできますが、そのリスクやデメリットもあります。

債務整理中でも債務整理後でもお金を貸してくれる中小の消費者金融は、債務整理の一つである任意整理に応じない傾向があります。そのため、もし「お金を返せない」となっても任意整理では解決できなくなることは覚悟しておきましょう。

また、連続してお金を借りる申込みをしていると、「この人はよほどお金に困っている」とみなされ、信用情報にマイナスの情報がさらに記録されてしまいます。

さらに、債務整理の手続き中にお金を借りた場合には、さらに問題が発生します。

あなたが債務整理の手続きを依頼したカード会社が「債務整理中にお金を借りている」という事実を知った時には、この会社も任意整理に応じてくれない可能性が出てきます。あちら側の立場からすると、「なぜ私たちは債務整理に応じて利息の支払いもなしにするのに、新しく借りたところには利息の返済をするんだ。ずるい!」となるわけです。また、さらに借金が増えることになるため、「本当に債務整理して払っていけるの?」という話にもなっていきます。

また、個人再生・自己破産の場合にはもっと深刻です。
個人再生や自己破産は裁判所を通して行われる手続きです。

そのため、「すべての借金を同じように平等に整理すること」(債権者平等の原則)というルールがあります。このルールは、すべての借入先を平等に扱うことで、特定の会社だけに損をさせたりしないようにするためのものです。

個人再生や自己破産では、このような平等性が厳格に重視されていますので、個人再生や自己破産の手続き中に別の会社からお金を借りて元金と利息を支払うことになったというのは非常にまずいのです。

この新しく借りた会社も個人再生と自己破産に含める必要がでてきますが、破産や再生の手続きをしている最中にお金を借りるということは「返す見込みがない」ということになるため、このようなお金の借り方は「詐欺」として扱われることになるので注意しましょう(返せる見込みがないのに、他人からお金を奪い取ったという位置づけになってしまいます)

ヤミ金からお金を借りるのは絶対にダメ!!

法律違反の闇金からお金を借りるのは絶対にダメ!

闇金(ヤミ金)とは、貸金業登録をしていない金貸し屋さんを指します。

通常、金貸しを営むためには、国に届け出を行ない、貸金業登録というものを行なう必要があります。そして、国で定められた範囲内の利息でお金を貸して利息を受け取ることが許されています。こうした貸金業登録をさせないと、法外な利息などを請求する輩がいるため、規制をかけているわけです。

闇金は、こうした貸金業登録をしておらず、法外な金利でお金を貸す業者です。
つまり、国から認められた存在ではないので、闇金は違法というわけです。

闇金は、さも貸金業登録をしているようにみせかけてきます。

「ブラックリストに載っていても大丈夫」

「即日で入金できます」

という甘い言葉を簡単に信用しないようにしましょう。

もし、闇金なんかでお金を借りてしまうと、とても高い違法な利息を取られるうえに、家や会社にしつこい取り立てが行われるようになってしまいます。

闇金は債務整理した人を狙ってダイレクトメールなどで「お金を借りませんか」と誘ってきますが、お金に困っていたとしても、闇金からは絶対にお金を借りてはダメです。

債務整理中や債務整理後でも社会福祉協議会の「社会福祉資金」でお金を借りられる

社会福祉協議会からの借入れはブラックリストの対象外。

ここまでは、債務整理するとブラックリストに載るため原則としてお金を借りられないこと、借りられる中小消費者金融はあるけれどもリスクやデメリットを伴うことを説明してきました。

ただ、そうはいってもケガや病気などによる急な出費、失業や異動による収入の減少などのために、どうしてもお金に困るという事態になってしまう可能性はあります。

そのような場合は、国や地方自治体などの公的機関からお金を借りられる場合もあります。

●社会福祉協議会の貸付制度「社会福祉資金」なら、無利子でお金を借りられる
福祉団体である「社会福祉協議会」は、生活が苦しい人のために「社会福祉資金」という無利子の貸付を行っています。
社会福祉協議会は市区町村に窓口を用意しており、例えば横浜市なら、桜木町にある横浜市健康福祉総合センターで相談できます。
(電話:045-201-2096、受付時間:月~金曜日8:45~17:15)

社会福祉士金には「緊急小口資金」と「総合支援資金」があり、いずれも審査はありますが、福祉資金なのでブラックリストに載っている人でもお金を借りられる可能性があります。

●緊急小口資金
緊急小口資金は、急なトラブルなどに見舞われて一時的に生活費が足りなくなってしまった人を対象とした貸付で、借りられる条件が3つあります。
・低収入であること
・一時的な生活困難で緊急性があること
・1年以内に返済できる見込みがあること
低収入の基準としては、「市民税・県民税が非課税になる程度」がひとつの目安としてあげられますが、詳しくは自分が住んでいる市区町村の社会福祉協議会の窓口や電話で直接確認してください。
緊急小口資金を借りられる例としては、以下のようなものがあげられます。
・病気やケガなどで急に医療費がかかり、臨時の生活費が必要になった
・災害・盗難・事故など急な損失があって臨時の生活費が必要になった
・失業などで収入が減った
緊急小口資金は、債務整理の予定がある場合・債務整理の手続き中の場合は利用できないので注意してください。債務整理後の返済中は、上記の条件に当てはまればお金を借りられる可能性があります。
なお、緊急小口資金の貸付条件は、限度額が10万円、貸付は最短で申込みから5営業日、保証人が不要となっています。

●総合支援資金
総合支援資金は、失業や収入減で長期的に生活が苦しくなった人が対象となる、再就職できるまでの生活費を借りられる制度です。
総合支援資金は1年以内に返済できる見込みがなくても借りられますが、就職したあとの給料で返済する形になるので、病気やケガで働くことができない人は借りられません。また、ハローワークなどで就職活動をするという条件でお金を借りられる制度となっています。
総合支援資金の貸付条件としては、上限額が60万円、貸付開始が申込みから1カ月程度、返済期間が10年以内、保証人が原則として必要となります。なお、保証人を用意できない場合は年利1.5%の利子付きで借りられる場合もあります。

●生活福祉資金でお金を借りる場合は、早めの準備を
このように、生活福祉資金は債務整理後のブラックリスト期間でも借りることができる制度です。しかし、返済可能かどうかの審査が厳しく、提出しなければならない書類の数も多いので、利用する場合は早めに準備をする必要があるという点に注意してください。
なお、生活福祉資金の条件に当てはまらなかった人でも、生活保護など他の福祉制度を利用できる場合があります。債務整理中や債務整理後に生活が苦しい場合は、住んでいる市区町村の役場で相談してみるとよいでしょう。
また、任意整理・個人再生を選んだけれども借金の返済自体が苦しくなった場合は、自己破産を選んで返済義務自体を免除してもらえる場合もあります。こちらは弁護士の無料相談で話を聞くことができますので、返済がつらいと思ったら早めに相談してみることをおすすめします。

債務整理中や債務整理後であっても
デビットカードやETCパーソナルは使える!

デビットカードやペイペイはブラックリストの対象外。

債務整理をしてブラックリストに載っている間は、ローンやキャッシングなどでお金を借りることができないことに加えて、クレジットカードでお買物の利用などもできなくなります。

後払いになっているカードの借金が支払えずに債務整理になってしまったので、キャッシングであれショッピングであれ「カードを使っての後払い」が禁止されるというわけです。

「債務整理中や債務整理後は一切カード持てないの?」

しかし、こんな心配の方もいるでしょう。
債務整理後にクレジットカードの代わりにカードが必要な場合には、デビットカードを作ることをおすすめします。

デビットカードは、決済するとすぐに口座から料金や代金が引き落とされる仕組みになっているため、信用情報のチェックがありません。そのため、ブラックリストに載っている状態でもカードを作ることができ、クレジットカードの代わりとして、対応店舗やインターネット上での決済に利用することができます。

また、ETCカードについても同様です。
通常の後払いのETCカードはブラックリストにより使えなくなってしまいますが、ETCパーソナルカードは作成可能です。ETCパーソナルでは、申込時にデポジットと呼ばれる保証金を預けたうえで、通行料金を1カ月ごとに口座から引き落とす形になります。

債務整理中や債務整理後でもお金は借りられる?のまとめ

・債務整理した後はブラックリストに載るため、原則としてお金は借りられない
・ブラックリスト中もお金を借りられる中小消費者金融はあるが、デメリットを伴う
・債務整理中に別の会社からお金を借りると、債務整理が失敗するリスクがある
・お金に困っても、闇金からは絶対に借りてはダメ
・債務整理後でも、社会福祉協議会でお金を借りられる可能性がある
・借金の返済自体が苦しい場合は、弁護士の無料相談も活用しよう
・ブラックリスト中でも、デビットカードやETCパーソナルカードは使える

その他の債務整理メニュー

家族や勤務先への不安

債務整理を行う場合に家族や勤務先への影響が気になる方へのご説明です。

保証人付きの借金

保証人付きの借金を債務整理する場合の注意点について説明しております。

銀行カードの債務整理

銀行などのカードローンを債務整理する場合の注意点について説明しております。

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)のご相談はこちらから!

債務整理の電話無料相談はこちらから

0120-631-625

【平日】受付時間:9:00~21:00
【土曜】受付時間:10:00~16:00
※日曜祝祭日を除く

債務整理相談センター[東京・横浜]のトップページへ

債務整理相談はこちら

債務整理の無料相談はこちら

債務整理の無料相談!
お気軽にご利用下さい。

債務整理の無料相談はこちらから
0120-631-625

メール相談は24時間受付。
営業時間外にはメール相談をご利用ください。

運営事務所紹介

債務整理相談センター

司法書士法人・行政書士
かながわ総合法務事務所

《横浜相談室》
神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 東武立野ビル1階
(横浜駅西口徒歩8分)

《新宿相談室》
東京都新宿区西新宿7-21-1
新宿ロイヤルビル804号
(新宿駅西口徒歩8分)
(西新宿駅1番出口徒歩1分)

平日 9:00~21:00
土曜 10:00~16:00