債務整理であなたの生活を改善します

神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 東武立野ビル1F
(横浜駅西口より徒歩8分。)

債務整理の無料相談実施中
平日 9:00~20:00
土曜 10:00~16:00
債務整理相談フリーダイヤル
0120-631-625

300万円の借金を債務整理できる条件とは?

任意整理なら月々5万円の返済が目安!

「借金が300万円あると債務整理したほうがいい?
「300万円の借金でも任意整理できる?」

300万円の借金に対して行える債務整理の方法は3つあります。任意整理・個人再生・自己破産です。

「どの債務整理がベストか」は、個々の生活状況や年収、年齢によって変わります。

例えば、年収400万円の場合、独身なら任意整理も個人再生も可能な確率は高いです。

一方で、結婚して家族もいる場合には、年収400万円で任意整理を行うのは難しいケースもあります。

また、住宅ローンがあるか、車を残すかそうでないか、奨学金はあるか、こうした事情によっても、どんな方法が良いのかは変わっていきます、

それぞれの方法の、メリット・デメリットをよく理解した上で、もっとも自分に合った債務整理を選択していきましょう。

300万円を債務整理すると年間50万円の減額!

300万円の返済がある場合、利息やリボ手数料をいくら支払っているかご存知ですか?

1枚当たりのカードで5,000円~1万円の利息や手数料であっても、カードが数枚あれば、その3倍、4倍となっていきます。

キャッシングをした場合の利息や、ショッピングのリボ手数料でいくら支払っているのか?まずは確認していきましょう。

300万円の利息やリボ手数料は?

お金を借りる場合の金利は、利息制限法という法律で金利が決められています。

10万円未満は20%まで、10万円以上100万円未満は18%まで、100万円以上は15%までとなっており、この20%、18%、15%までは合法的な金利というわけです。

300万円分のキャッシングやショッピングを利用していると、15%ほどの金利や手数料は支払っている計算になります。

・300万円×15%=45万円
・45万円÷12ヶ月=3万7500円

債務整理で利息の負担を減らせば払えるようになる

300万円の返済を続けていると、1年間で45万円、1ヶ月辺り3万7500円もの金額が、こうした利息や手数料の返済にあたっています。

つまり、この返済を減らして元金(借りたお金)に返済があたるようにになれば、300万円の完済もできるようになるというわけです。

債務整理を行うと、この利息やリボ手数料の支払いを減らすことができます
どのくらい減らせるかはカード会社にもよりますが、少なくとも今よりは返済する金額が少なくなるというわけです。

300万にはどんな債務整理が一番よいの?

まずは任意整理から検討してみること!

債務整理には、任意整理・個人再生・自己破産があります。

その中でどれを選択すればいいの?という質問に回答するのであれば、まずは「最もデメリットが少ない任意整理を検討してみましょう」ということになります。

任意整理はブラックリストになってしまうというデメリットはあるものの、デメリットはこれしかありません。個人再生や自己破産ではブラックリストになる上に、さらにデメリットが存在します。

「どんなデメリットがあってもいいからとにかく支払いを減らしたい!」ということであれば、逆に個人再生や自己破産を検討するべきですが、なかなかそういう人はいません。

自分の生活や人生に大きな影響がなくて、それでいて支払いができるようにしたい…というならば、最適な方法は任意整理というわけです。

300万円の借金に債務整理できる目安は?

300万円の借金に債務整理できる目安は、以下のとおりです。

(任意整理)月に5万円程度の返済金を用意できる場合。
(個人再生)5万円は難しいけど月に3万円は返済金を用意できる場合。
(自己破産)月に3万円の返済金も用意するのは難しい場合。

300万円の借金を任意整理すると?

利息やリボ手数料の返済が減額!

任意整理とは、司法書士や弁護士などの法律の専門家が、カード会社と返済の交渉を行い、利息を減らした返済になる手続きです。

例えば、300万円の借金に20%の金利がついている場合、自分で支払っている場合には、年間60万円(300万円×0.2=60万円)もの利息を支払っていることになります。任意整理を行うと、この年間60万円もの支払いが免除されるというわけです。
(任意整理での利息カットは95%近くは成立しますが、100%絶対にというわけではありません)

5年程度の分割払いになる!

以上のとおり、利息の負担がなくなり、融通の利く優れものの任意整理ですが、この任意整理を行うにはもちろん条件もあります。

それは、「自分の借金額÷60」の金額を支払えることです。

任意整理を行った場合の基本的な分割回数は60ヶ月(回)払い。
つまり、借金を60回の分割払いで返済することができるか?できないか?が、任意整理ができる条件というわけです。

300万円の借金がある場合には、「300万円÷60回=5万円」
毎月5万円の支払いが可能であるかが、300万円の借金がある人が任意整理できるかできないかの大きな基準となるわけです。

もっとも、カード会社によっては、3年(36ヶ月)の短期を基準とする場合もあれば、6年(72ヶ月)や7年(84ヶ)払いの長期で可能な場合もあります。

こうした細かい調整については、司法書士や弁護士に相談することで分かりますので、最初のステップとして5年(60ヶ月)は可能かご自身で確認してみましょう。

300万円の借金を個人再生すると?

「任意整理で月に5万円を捻出することが難しい…」という場合には、個人再生を検討してみましょう。

個人再生は、「元金も減額できる」点が、任意整理と異なる点です。

100万円まで元金を減らせることも!

300万円の借金に個人再生

個人再生(こじんさいせい)では、借金の元金そのものを減額できるため、300万円の借金の場合には、100万円の元金まで減額されることがあります。つまり、200万円もの支払いがなくなる可能性があるというわけです。

任意整理より強力な点は、この「元金が減る」ところにあります。

個人再生では、この減額された100万円をおよそ3年で返済していく予定になりますので、毎月の返済による出費はおよそ3万円で済むようになるというわけです。

個人再生ができる条件は?

300万円の借金に個人再生ができる条件を整理しましょう。

・毎月3万円の返済金が用意できる継続的な収入があるか?
(正社員に限らず、パートやアルバイトでもよいので毎月収入があることが必要です)

・住宅ローン以外の借金を全て対象にできるか?
(車のローンや奨学金に影響がでても、私生活上の問題は生じないかといった点です)

・裁判所が要求する書類を提出できるか?
(住宅ローンの返済予定表や通帳、源泉徴収票、給与明細、滞納している税金の申告など様々な個人情報を全て提出できるか?といった点です)

こうした条件をクリアできるのであれば、個人再生を行うことは可能です。

300万円の借金を自己破産すると?

任意整理も個人再生も条件的に難しい場合には、自己破産を検討してみましょう。

ただし、破産にも注意が必要な点がありますので、確認してみましょう。

職業上の資格制限に注意!

300万円の借金がある場合に自己破産できる条件

「資格制限」とは、破産手続中に一定の資格を前提とする仕事ができなくなることです。

よくあるベスト3としては、警備員・生命保険募集人・宅地建物取引士などです。

資格を持っていない方は問題ありませんが、持っている場合には自分の資格に影響がないか確認しましょう。

20万円以上の財産は換価される

「20万円以上の財産」とは、車や住宅などの一般的な財産の他、保険の解約返戻金なども含まれます。

こうした財産は換価処分され、債権者(貸主)の返済に充てられることになります。

免責不許可事由に該当していないか

自己破産では「免責不許可事由」というものがあり、これに該当すると自己破産が認められないこともあります。

免責不許可事由で最も有名なのは、パチンコや競馬などのギャンブルで借金を作った場合や、株や仮想通貨で大損をしてしまった浪費にあたるケース。

その他、洋服やブランド品などの買物で浪費をしてしまっているケースです。

このような場合には自己破産が認められないことがあります。

支払不能であること

自己破産の絶対条件は「支払不能」です。

これは、300万円の借金を支払えない状態であるということです。

収入や家計の支出状況と照らし合わせて、支払不能であることを証明する必要があります。

債務整理のデメリットはブラックリスト!

債務整理のデメリットとは?

債務整理には、共通のデメリットである「ブラックリスト」というものがあります。

任意整理をしても、個人再生をしても、自己破産をしてもブラックリストになりますので、債務整理共通のデメリットとして位置づけられるものです。

債務整理をすると、「後払いで返済ができなくなった」という認識を持たれます。

つまり、ブラックリストになると、後払いを始めとするものに利用制限が課せられるというわけです。

また、「自分の返済がうまくできなかった」という認識も持たれてしまうため、誰かの保証人になることなどもできなくなります。

ブラックリストになると利用できなくなるもの

・消費者金融・クレジットカード・銀行カードローンの利用。
・住宅ローンを組むこと。
・分割払いで商品を購入すること。
・保証人になること。

ブラックリストの影響がないもの

・デビットカードの使用やETCパーソナルカードの利用
・ペイペイやLINEペイ、アップペイなどの利用
・プリペイドカードの利用(AUウオレットカード、ドコモdカードプリペイドなど)

ホームページの執筆者

司法書士・行政書士  山口広樹

・神奈川県司法書士会2376号
・法務大臣認定番号801245号
・神奈川県行政書士会4407号
・横浜商工会議所所属

横浜市出身。債務整理や過払い金を専門(業界歴14年)として、総計1万名以上の相談に対応。

債務整理の無料相談はこちら

「優しく」「親身に」「正確な手続きを」
ご相談者のみなさまが、安心して進められる債務整理をご提案します。

  • 任意整理の和解実績は1万件以上
  • 日本全国で無料相談に対応。
  • 家族・職場に秘密の方もご安心下さい。
  • 電話・メール共にご相談は完全無料
  • 電話相談は予約不要。すぐに相談OK

お電話でのご相談はこちらから

0120-631-625

(平日)9:00〜20:00(土曜)10:00~16:00

債務整理のお問合せはこちら

債務整理の無料相談はこちら
任意整理診断を実施中!

「任意整理できる?できない?」
「任意整理で返済はどのくらい減る?」
任意整理診断は無料です!
その他、債務整理相談も全て無料です。
お気軽にご利用ください。

0120-631-625

メール相談は24時間受付。営業時間外にはメール相談をご利用ください。

かながわ総合法務事務所

事務所概要

神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 
東武立野ビル1階
(横浜駅西口より徒歩8分)

平日9:00~20:00
土曜 10:00~16:00