債務整理のことなら債務整理相談センター(横浜・新宿)へ

■神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 東武立野ビル1F
(横浜駅西口より徒歩8分。ハマボール方面・相鉄本社ビル前)
■東京都新宿区西新宿7-21-1 新宿ロイヤルビル804
(新宿駅西口より徒歩8分。西新宿駅1番出口より徒歩1分)

受付時間:9時~21時(土曜は10時~16時、日曜祝祭日を除く)

債務整理の無料相談実施中
平日 9:00~21:00
土曜 10:00~16:00
債務整理相談フリーダイヤル
0120-631-625

債務整理をしても携帯は持てる?機種変はできるの?
携帯料金に債務整理できるかも合わせて確認!

「債務整理をしても携帯はそのまま使える?」

「携帯料金が払えないけど債務整理できる?」

というご相談を受けるケースがあります。

まず、「クレジットカードに」任意整理や個人再生、自己破産などの債務整理を行っても、携帯電話はそのまま使えます。つまり、債務整理をしても今使っている携帯電話に影響はありません。

そして、携帯電話の通話料金や本体代金が支払えなくなってしまった場合に、これらの携帯代金にも債務整理をすることは可能です。

しかし、携帯電話自体の本体料金や利用料金に債務整理を行った場合には携帯は使用できなくなります

では、携帯電話の利用料金は債務整理から外すことができるか…?という疑問もあるかもしれません。クレジットカードだけ債務整理して、滞納している携帯電話の利用料金は債務整理から外してそのまま支払っていくことができるかということです。

このページでは、債務整理と携帯電話の関係について解説していきます。

携帯の利用料金も債務整理はできる

カードの借金以外に携帯電話の利用料金も債務整理の対象とすることができます

例えば、滞納してしまい支払いが難しくなった携帯電話の利用料金に対しても債務整理を行っていくことは可能です。

むしろ、個人再生や自己破産では、必ず債務整理をしなければならず(もちろん滞納していない携帯料金や数万円程度の場合は除外)、任意整理では債務整理することもしないこともできるというのが正しい回答です。

当センターでは、携帯電話の大手キャリアであるAU・KDDI・DOCOMO・SOFTBANKなどに任意整理の手続きを行っていますが、5年程度の分割払いができています。(本人に一括請求がきているものでも分割払いが可能です)
特に、携帯電話の任意整理であってもクレジットカードの債務整理でも変わることはありません。

また、今後も、今使っている携帯電話を使用していきたいという場合には、任意整理から外して自分で支払いを行っていくという選択も可能です。

携帯料金に債務整理をしても携帯は持てる?

携帯の機種代の未払いは信用情報機関、利用料金の未払いはTCAで管理されています

「私が(Mさん)携帯電話(ソフトバンク)に債務整理を行ったら、他の携帯電話(AU)の携帯も持てなくなりますか?」

携帯電話の滞納料金に債務整理を行った場合、同じキャリア(例でいえばソフトバンク)の電話を持つことは難しいですが、他のキャリア(AU)の携帯を持つことは可能な場合があります。

但し、以下の2つが他の携帯を持てる条件です。

・通信料の未払いがないこと

・機種代は一括で支払う必要があること

通信料の未払いがある場合には、TCA(電気通信事業者協会)という機関で、通信料未払いの情報を登録しています。大手キャリアであれば、みなこのTCAに登録していますので、携帯電話の機種変や新規の申し込みがあった場合には、このTCAを参考にするわけです。

ここに、未払いの情報が登録されていれば、他のキャリアも契約を結びたがらないわけです。
(ソフトバンクがTCAにMさんの未払いの情報を登録すると、MさんからAUに申込みがあったとしても、AUはソフトバンクが申請した未払いの記録を見るため、Mさんとは携帯の契約を結びたがらないということです)

但し、大手携帯会社でない場合、TCAに加盟していないところもあるので、そういったキャリアの携帯電話であれば持つことはできるでしょう。

反対に、「機種代」の未払いはJICC・CICなどの信用情報機関に登録されます。
いわゆるクレジットカード会社などが加盟している機関です。

「機種代は未払いで、通信料は支払えている」という場合には、電話の契約をすることに問題は出ません。ただし、信用情報機関に機種代の滞納というかたちでブラックリストになっている場合、機種代金の割賦払い(分割払い)はできないので、一括で購入しなければいけなくなります。

債務整理をした後に携帯電話を機種変更できる?

債務整理後に携帯を機種変更する場合は、機種本体代金の割賦払いは難しいでしょう

「債務整理をすると、携帯の機種変などはできなくなりますか?」

債務整理をした後でも、携帯電話の機種変更をすることは問題ありません。

但し、債務整理をしたことでブラックリストになっているため(信用情報機関に事故情報として登録されているため)、機種代を分割にすることはできません。

つまり、端末代金を一括で支払う契約で、携帯電話の機種変更をすることが可能ということです。

なお、債務整理による事故情報状態が復活した後には、もちろん機種代金も割賦払い(分割払い)で支払いができるようになりますので、これからの人生ずっと、機種代が一括になるわけではありません。

債務整理により、ブラックリストのペナルティを受けている期間が5年~7年ほどなので、その期間は我慢をする必要があるということです。

携帯電話の支払いをカード払いにしている場合

携帯の支払いをカード払いにしている場合は他の支払い方法への変更が必要です。

「携帯電話の支払いを、債務整理するクレジットカード払いにしていますがどうしたらいいですか?」

という質問を受けることがありますが、この場合には携帯利用料金を他の支払い方法(コンビニ払いや銀行の口座振替)に変更すれば大丈夫です。

なお、債務整理の依頼時に携帯電話の支払いを変更すると、1~2か月分の携帯利用料金が(債務整理をする)クレジットカードのほうに上がってくるケースがありますが、この場合はその利用料金も含めた総額で債務整理を行うことになります。

このような場合でも、携帯電話は通常通り使用できますので、債務整理をするまでに必ずしも携帯電話の支払い方法が変更されていなくても特に問題はありません。

自分が債務整理をしても家族の携帯に影響はない?

債務整理で家族に影響がでることはありませんし、家族がしることもないです。

家族に秘密で債務整理を進めていく方の中には、

「自分が債務整理をしたら、家族の携帯電話が使えなくなったり機種変更できなくなるようなことはないだろうか…?」

と心配される方もいるかもしれませんが、結論からいってそのようなことはありません

あくまで、債務整理などで信用情報機関(JICC・CIC・全銀協)やTCAでペナルティを行うのは本人に対してのみです。本人以外の人には家族であれペナルティを受けることはありません。

また、この信用情報やTCAを一般の人が閲覧することはできないため、家族がこれをみる可能性があるということもありません。信用情報機関やTCAに勤めている方や金融機関に勤めている方以外は、その情報すら知ることもできないでしょう。

携帯利用料を滞納しているとブラックリストになる

債務整理で家族に影響がでることはありませんし、家族がしることもないです。

「携帯代を支払っていないと、ブラックリストになってしまうって本当ですか?」

という点ですが、これは毎月の携帯代金をどのように支払っているかによって変わっていきます。

携帯の支払いは以下の2パターンが考えられます。

①携帯利用料金の他、機種代金の割賦払いも含まれている場合

②機種は購入時に一括払いをしているので、利用料金のみを支払っている場合

この内、①については3か月以上滞納や未払いを続けると、信用情報機関に事故情報として登録される、いわゆるブラックリストになります。ブラックリストになるのでクレジットカードの利用やお買い物での分割払いなどもできなくなります。

これは、携帯電話本体代金の支払いについては、信用情報機関(JICC・CIC・全銀協)が管理しているためです。機種本体を分割で買った携帯電話の支払いを滞納すると、クレジットカードでの買物の支払いを滞納した場合と同じ制裁を受けることになるためブラックリストになるわけです。

一方、②の場合には、利用料金だけの滞納なのでクレジットカードは普通に使えます。
しかし、利用料金だけを滞納しても電気通信事業者協会(TCA)には不払い情報としては登録されます。

その他の債務整理メニュー

ブラックリストとは?

債務整理で信用情報機関に事故情報(ブラックリスト)として登録される点について気になる方はこちらから。

家族への債務整理の影響

債務整理を行った場合に家族への影響などが気になる方はこちらから。

滞納中でも債務整理できる?

支払いを滞納・延滞している方で債務整理を検討している方はこちらから。

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)のご相談はこちらから!

債務整理の電話無料相談はこちらから

0120-631-625

【平日】受付時間:9:00~21:00
【土曜】受付時間:10:00~16:00
※日曜祝祭日を除く

債務整理相談はこちら

債務整理の無料相談はこちら

債務整理の無料相談!
お気軽にご利用下さい。

債務整理の無料相談はこちらから
0120-631-625

メール相談は24時間受付。
営業時間外にはメール相談をご利用ください。

運営事務所紹介

債務整理相談センター

司法書士法人・行政書士
かながわ総合法務事務所

《横浜相談室》
神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 東武立野ビル1階
(横浜駅西口徒歩8分)

《新宿相談室》
東京都新宿区西新宿7-21-1
新宿ロイヤルビル804号
(新宿駅西口徒歩8分)
(西新宿駅1番出口徒歩1分)

平日 9:00~21:00
土曜 10:00~16:00