債務整理のことなら債務整理相談センターへ

■神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 東武立野ビル1F
(横浜駅西口より徒歩8分。ハマボール方面・相鉄本社ビル前)

受付時間:9時~21時(土曜は10時~16時、日曜祝祭日を除く)

債務整理の無料相談実施中
平日 9:00~21:00
土曜 10:00~16:00
債務整理相談フリーダイヤル
0120-631-625

債務整理をすると車は手元に残せない?
債務整理の方法によって残せる場合と残せない場合があり!

「債務整理をしても車は残せますか…?」

「車を残して債務整理する方法は…?」

駅から遠いところに住んでいたり、深夜や早朝に車で出勤をしている方にとっては、債務整理で車を失うことは生活に大きな支障がでます。

債務整理を行うといっても、任意整理を行うのか自己破産や個人再生などの裁判所へ手続きを申し立てるのかにもよります。つまり、どの債務整理を行っていくかで車を残すことができるかできないかということは変わってくるわけです。

まず、任意整理では車のローンを任意整理の対象にしなければ、車を残すことができます。

個人再生や自己破産では、少し複雑になります。一口に車があるといっても、ローンを支払っている場合とローンのない車を持っている場合では、車が残せるか残せないかは変わってくるわけです。

また、自己破産や個人再生では車の価格によっても残せるか残せないかは変わっていきます。

ケース別で車は残しておけるか確認してみよう!

ローンのない車を保有している場合

任意整理の場合

車は所有しているものの現金一括で購入した場合やローンを払い終わっているという場合があると思います。

任意整理では、車には一切影響がないように進められるので、車を手元に残すことは可能です。

ただし、例えばオリコのカードに任意整理を行う場合に、車のローンがオリコだと車のローンを巻き込んでしまいます。このような場合には、オリコのカードに一切任意整理をしないように進めていきましょう。

個人再生の場合

個人再生では、車は手元に残すことができますが、清算価値保証の原則が働くのでこの点に注意しましょう。

個人再生では車の査定評価額分は最低でも支払いをしなければいけないため、あまりに高額な車を所有している場合には注意が必要です。

例えば、借金が300万円・車の査定価格が300万円などの場合には、借金は減額されません。車の査定評価額である300万円は最低でも支払いをしなければいけないためです。

自己破産の場合

自己破産では、20万円以上の財産価値があるものは、財産として換価し債権者(カード会社)への返済に充てるのが原則です。そのため、20万円以上の車であれば車を残せない、20万円以下の車であれば車を残せるというかたちになります。

ただし、20万円以上の車であっても、車の査定評価分の現金を裁判所におさめる、親族に車を購入してもらいそのまま使用許可をもらうなどして、車を残す方法もあります。

ローン返済中の車を保有している場合

任意整理の場合

任意整理では特定のカード会社だけを整理することも可能なため、車のローンを外して任意整理を行えば、車は残すことは可能です。

もちろん、車を残さないという選択肢をとり、車のローンに任意整理を行うことも可能です。この場合、例えば、200万円のカーローンが残っていて、車の査定価格が80万円の場合、200万円-80万円の場合には、この120万円に任意整理を行うことになります。

個人再生の場合

個人再生では、必ず全ての負債に対して申立を行わなければならないので、車のローンだけ外すということは基本的にはできません。

つまり、返済中のカーローンがある場合には、このカーローンも個人再生の対象となり、車を残すことはできません。

テクニックの一つとしては、月に5万円~10万円辺りは返済に充てられる金額はあるものの、カードの支払総額が600万円~1000万円あるなどの場合には、個人再生を申し立てるためにいったん車を失いながらも、生活必需品ということで中古で10万円前後の車を買ってしまうという方法をとる場合もあります。

自己破産の場合

自己破産では、必ず全ての負債に対して申立を行わなければならないので、車のローンだけ外すということは基本的にはできません。

つまり、一般的には車の引き上げが行われるため、車を残すことはできません。

補足 個人再生と所有権留保と車の関係

個人再生を行う場合、車に所有権留保があるかないかをまず確認しましょう

車がローン返済中であっても、個人再生で必ず車を引き上げられるとは限りません。

個人再生で車がなくなるのは、ローン会社による「所有権留保」がついているケースです。一方で、所有権留保のされていないカーローンを個人再生する場合には、車自体は残しておくことが可能というわけです。

所有権留保とは、車のローンが完済されるまでは、車の所有権がローン会社にあることを指します。車の所有権は、完済して初めてあなたに所有権が移るようになるため、ローン返済中は、「ローン会社があなたに車を利用させてあげている状態」にあるというわけです。

例えば、オリコやトヨタファイナンス、ホンダファイナンスなどディーラーやクレジットカード会社の元でローンを組んで支払いをされている場合には、ほぼ所有権留保付きとなり、車は引き上げられます。

一方で、例えば、○○銀行や○○信用金庫からニッサンの車を買うためにローンを申し込んだような場合には、所有権留保がついていないケースは、多々あります。
このようなケースでは、○○銀行のローンに個人再生を行っても、車の引き上げはありませんので、車は残せます。

しかし、先のとおり清算価値の問題は働くことになるため、その査定評価分の金額は個人再生でも最低支払わなければならなくなるということは忘れないようにしましょう。

任意整理で車を残せる場合・残せない場合

★車のローンを任意整理の対象から外せば、任意整理しても車は残せる。

☆車のローンがない場合、任意整理をしても車には全く影響がないので車は残せる。

個人再生で車を残せる場合・残せない場合

☆車のローンがない場合、個人再生をしても車は残せる。
(ただし、清算価値の問題は残るため車の査定評価分の金額の支払いは必要)

★車のローンがある場合には、原則として車は残せない(引き上げられるない)
ただし、車を残しながら個人再生ができる場合もあり。
(例外)
車のローンに所有権留保がない場合には、個人再生をしても車は残せる。
(ただし、清算価値の問題は残るため車の査定評価分の金額の支払いは必要)

親族に車のローンを返済してもらうなどの方法をとった場合も、個人再生をしても車は残せるケースもある

自己破産で車を残せる場合・残せない場合

☆車のローンがない場合、20万円以上の査定価値がある車は換価されてしまう。
ただし、車が仕事で必要など車を残す正当な理由を裁判所に上申することで、20万円以上の車を手元に残せる場合もある。

★車のローンがある場合で、所有権留保がある場合には車は残せない。
所有権留保がついていない場合には、車の査定価格による。
20万円以上の場合は☆のとおり。20万円以下の場合は車は残せる。

その他の債務整理メニュー

債務整理のメリット

債務整理を行った場合にどのようなメリットがあるかを説明しております。

債務整理の費用

当センターで債務整理を行った場合の費用についてご案内しております。

ご相談者の声

当センターで無料相談をりようされた方の「ご相談者の声」を紹介しております。

債務整理の無料相談はこちら

「優しく」「親身に」「正確な手続きを」
ご相談者のみなさまが、安心して進められる債務整理をご提案します。

  • 任意整理の和解実績は1万件以上
  • 日本全国で無料相談に対応。
  • 家族・職場に秘密の方もご安心下さい。
  • 電話・メール共にご相談は完全無料
  • 電話相談は予約不要。すぐに相談OK

お電話でのご相談はこちらから

0120-631-625

(平日)9:00〜21:00(土曜)10:00~16:00

債務整理相談はこちら

債務整理の無料相談はこちら

債務整理の無料相談!
お気軽にご利用下さい。

債務整理の無料相談はこちらから
0120-631-625

メール相談は24時間受付。
営業時間外にはメール相談をご利用ください。

運営事務所紹介

債務整理相談センター

司法書士法人・行政書士
かながわ総合法務事務所

神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 東武立野ビル1階
(横浜駅西口徒歩8分)

平日 9:00~21:00
土曜 10:00~16:00