司法書士法人・行政書士かながわ総合法務事務所
神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 東武立野ビル1階
(横浜駅西口より徒歩8分)
TEL:045-328-1280

受付時間
平日:9:00~21:00
土曜:10:00~16:00

無料相談専用フリーダイヤル

0120-631-625

債務整理をしても車は残せる?

マイカーを残せる場合・残せない場合を整理!

「債務整理をしても車は残せますか…?」
「車を残して債務整理する方法は…?」

駅から遠いところに住んでいたり、深夜や早朝に車で出勤をしている方にとっては、債務整理で車を失うことは生活に大きな支障がでます。

債務整理を行うといっても、任意整理を行うのか自己破産や個人再生などの裁判所へ手続きを申し立てるのかにもよります。

つまり、どの債務整理を行っていくかで車を残すことができるかできないかということは変わってくるわけです。

まず、任意整理では車のローンを任意整理の対象にしなければ、車を残すことができます。

個人再生や自己破産では、少し複雑になります。一口に車があるといっても、ローンを支払っている場合とローンのない車を持っている場合では、車が残せるか残せないかは変わってくるわけです。

また、自己破産や個人再生では車の価格によっても残せるかは変わっていきます。

任意整理を行った場合に車は残せる?

カーローン返済中の場合

任意整理を、車のローンに行わなければ、車は手元に残すことができます。

注意点としては、例えばオリコのカードに任意整理を行う場合に、車のローンもオリコを利用していると、一緒に整理されてしまいます。

このような場合には、オリコカード自体に任意整理をしないようにする必要があります。

カーローンはない場合

現金一括で購入した場合や、カーローンの返済が終わっている場合には、車はそのまま残すことができます。

個人再生を行った場合に車は残せる?

カーローン返済中(所有権留保)の場合

個人再生では、返済中のカーローンも個人再生の対象となるため、原則として車を残すことはできません。

カーローンには、一般的に所有権留保がなされており、ローンを完済しない限り、所有権がないことから車が引き上げられてしまうというわけです。

車がどうしても必要な場合には、中古で10万円前後の車を買直すことや、親族名義で車を購入してもらい借りるなどの方法が考えられます。

カーローンはない場合

カーローンがなければ、個人再生をしても車は手元に残すことができます。

しかし、「清算価値保証」という制限が付きます。

例えば、借金が300万円・車の査定価格が150万円という場合には、個人再生を行っても車の財産分として、150万円は最低でも払わなければいけないことになります。

他の財産を合わせて、300万円になってしまうと、個人再生をする意味がないこともありますので、十分に注意しましょう。

(補足)カーローンの個人再生での取扱い

個人再生とカーローンの関係を考えるうえで、所有権留保があるのか?ないのか?によって、結論は若干変わっていきます。

所有権留保とは、車のローンが完済されるまでは、車の所有権がローン会社にあることを指します。

ローンを完済して、初めて車の所有権があなたに移るようになるため、ローン返済中は、「ローン会社があなたに車を利用させてあげている状態」にあるというわけです。

例えば、オリコやトヨタファイナンス、ホンダファイナンスなど、ディーラーやクレジットカード会社の元でローンを組んでいる場合には、ほぼ所有権留保付きです。

つまり、個人再生を行うと車は引き上げられます。

一方で、○○銀行や○○信用金庫から、車を買うためにローンを申込んだような場合には、所有権留保付きでないケースは、多々あります。

このようなケースでは、車は残せます。

しかし、清算価値保証は働くため、その査定評価分の金額は、個人再生で支払うべき金額となることに注意しましょう。

自己破産を行った場合に車は残せる?

カーローン返済中の場合

自己破産では、必ず全ての負債に対して申立を行わなければならないので、車のローンだけ外すということは基本的にはできません。

つまり、一般的には車の引き上げが行われるため、車を残すことはできません。

ただし、所有権留保がついておらず、査定価格20万円以下の場合であれば、車を手元に残すことができます。

ローンはない場合

自己破産では、20万円以上の財産価値があるものは、財産として換価し債権者(カード会社)への返済に充てるのが原則です。

そのため、20万円以上の車であれば車を残せない、20万円以下の車であれば車を残せるというかたちになります。

ただし、20万円以上の車であっても、車の査定評価分の現金を裁判所におさめる、親族に車を購入してもらい、そのまま使用許可をもらうなどすれば、車を残す方法もあります。

ホームページの監修・執筆者

司法書士・行政書士  山口広樹

・神奈川県司法書士会2376号
・法務大臣認定番号801245号
神奈川県司法書士会の会員ページへ
・神奈川県行政書士会4407号
行書士会連合会の会員検索ページへ
・横浜商工会議所所属

横浜市出身。債務整理や過払い金が専門(業界歴14年)で総計1万名以上に対応。

★当事務所のオフィシャルHPはこちら
★司法書士の債務整理ブログはこちら

債務整理の無料相談はこちら

「優しく」「親身に」「正確な手続きを」
ご相談者のみなさまが、安心して進められる債務整理をご提案します。

  • 任意整理の和解実績は1万件以上
  • 日本全国で無料相談に対応。
  • 家族・職場に秘密の方もご安心下さい。
  • 電話・メール共にご相談は完全無料
  • 電話相談は予約不要。すぐに相談OK

お電話でのご相談はこちらから

0120-631-625

(平日)9:00〜20:00(土曜)10:00~16:00

お問合せはこちら

債務整理の無料相談はこちら
債務整理の無料診断を実施中!

「任意整理できる?できない?」
「自分にはどんな債務整理がいい?」
債務整理の診断は無料です。
お気軽にご利用ください。

0120-631-625

メールでのお問合せは24時間受付。営業時間外はメールをご利用ください。

かながわ総合法務事務所

事務所概要

神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 
東武立野ビル1階
(横浜駅西口より徒歩8分)

平日9:00~20:00
土曜 10:00~16:00

サイドメニュー