債務整理であなたの生活を改善します

神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 東武立野ビル1F
(横浜駅西口より徒歩8分。)

債務整理の無料相談実施中
平日 9:00~20:00
土曜 10:00~16:00
債務整理相談フリーダイヤル
0120-631-625

アコムの任意整理(2021年)

利用期間1年未満の任意整理に厳しい

アコムは、三菱UFJグループに属する、日本を代表する消費者金融です。

アコムには、キャッシングのみのカードに加え、ショッピング併用型のマスターカード、キャッシュワン(じぶん銀行)などがあります。

このいずれのカードについても、任意整理を行うことは可能ですが、2021年現在、同社の任意整理の対応は年々厳しくなっています。

その原因の一つが「債務整理広告」の存在にあり、これによって任意整理が急増してしまったという背景があります。

これを制御する意味で、アコムは、任意整理の対応を厳しくしているというわけです。
(アコム担当者とも、実際にこうした背景について協議をしました)

アコムの負債額が増えてしまうと、債務整理をするのにもなかなか厳しい…という事態も想定されるため、アコムの借金が増える前に、対策を立てるのが最善策です。

アコムに任意整理を行った場合の目安

アコムの任意整理の特徴

2020年を境に、他のカード会社と比べて、任意整理の対応が厳しい会社になってしまったと言わざるを得ません。

アコムでは、利用年数に応じて和解できる分割回数が変わっていきます。

・1年未満の利用の場合(12回払い)
・2年未満の利用の場合(24回払い)
・3年未満の利用の場合(36回払い)
・4年以上の利用の場合(48回払い)

例えば、アコムに60万円の借金がある場合、1万2500円の48ヶ月(4年払い)であったり、17,000円の36ヶ月(3年)払いであることを指します。

「5年以上の利用があり支払い残が100万円以上ある」場合には、60回(5年)払いが可能なケースもありますが、10件に1件成立すれば良いほうです。

基本的に、任意整理後は利息がカットされますが、利用年数などによっては、15~18%の利息を、3%~6%辺りまでは下げられるというイメージです。

当センターのアコムの和解目安

分割払いの回数 利用年数により12回~48回払い
利息のカット 可能(利用1年未満は利息軽減にとどまる)
過払い金の発生 あり(2007年6月17日以前から利用がある場合)

アコムから過払い金が発生する場合

過払い金が認められた経緯

アコムを古くから利用している場合、過払い金が発生することもあります、

過払い金とは、利息で払いすぎたお金のことです。

テレビCMやラジオ広告でご存知の方も多いでしょう。

過払い金は、最高裁判所の判例で認められるようになった権利です。

この最高裁の判断(シティズ判決)が平成18年に判示され、それ以降から過払い金請求が本格化されました。

平成19年になり、違法な金利で貸付けをしても、過払い金請求をされてしまうため、過払い金の発生しない金利に変更されるようになりました。

過払い金が戻ってきた場合の効果

つまり、平成19年以前からアコムを利用していれば、過払い金の発生の可能性があるということです。

過払い金が発生している場合には、現在の借金と過払い金を相殺することで、支払う金額を大きく減らすことができます。

15年や20年、はては30年以上前からアコムを利用していれば、現在の支払いは0になり、過払い金が100万円単位で戻ってくるケースもあります。

過払い金が発生している場合には、債務整理(任意整理)と並行して、過払い金の請求の手続きも進めていきます。

返済が苦しい原因は利息が高いから?

利息の返済は思っているより負担が大きい

このページをご覧になられている方は、「アコムの返済が苦しい」というケースがほとんどだと思います。

なぜアコムの返済が苦しくなるのでしょうか?

その原因は、「利息の支払いがあるため」「返済額が高額であるため」です。

例えば、アコムのカードローンで90万円を利用しているYさんがいるとします。

この90万円に15%の金利が加算されると、13万5000円になります。

そして、13万5000円÷12ヶ月=1万1000円~1万2000円。

これが1ヶ月辺りのアコムに支払っている金利や手数料です。

毎月の返済額が高いのも苦しい原因の1つ

アコムでは、次のように返済金額が決められています。

・30万円以下の場合(借入額の4.2%を返済)
・30万円を超え100万円以下の場合(借入額の3%を返済)
・100万円以上の場合(借入額の1.5%~3%を返済)

90万円の場合に3%が返済金額にあたるとすると、90万円×0.03=2万7000円となります。

つまり、この場合で3万8000円近くの返済が毎月発生しているわけです。

それ以外にもカードがあると2倍、3倍に返済は苦しい

アコム以外にもこうしたカードを持っていると、月の返済額はあっという間に10万円近くになってしまいます。

返済額が足りなくなり、クレジット機能を利用してリボ払いなどに変えていくと、いくら返済しているか分からなくなってしまいますが、かなり高額な金額を返済しているという認識をまずは持つことです。

また、利息の支払いだけで月に1万円かかっていたとすると、アコム以外のカードでも,3、4枚同じような借金をしていれば、利息だけで月に3万円、4万円発生しているわけです。

これほどの利息の支払いをしていれば、なかなか返済が終わらないのも、むしろ、年々借金が増えてしまうというのは、仕方ないのかもしれません。あなたに原因があるというよりは、収入と返済する借金のバランスが合っていないのです。

アコムに任意整理を行った事例①

Tさんのケース

・アコム(50万円・6年前~)
・プロミス(50万円・3年前~)
・楽天カード(90万円・7年前~)
・三菱UFJ銀行(50万円・~2年前~)

借金額240万円。任意整理前は毎月4社に8万円ほどの支払い。

任意整理を行った結果

任意整理後は毎月4万円に。

全てのカード会社が60ヶ月(5年)程度の分割払いであれば可能ということで、毎月4万円ほどになりました。

利息の支払いも全てなくなりました。

Hさんは妻帯者。お小遣いが毎月5万円であったため、足りない部分はバイトをしながらやりくりしていくということでした。

アコムに任意整理を行った事例②

Kさんのケース

・アコム(50万円・2年前~)
・新生銀行(30万円・3年前~)
・楽天カード(70万円・4年前~)
・楽天銀行(50万円・4年前~)
・クレディセゾン(120万円・~10年前~)
・セディナ(10万円・3ヶ月前~)

借金額330万円。任意整理前は毎月6社に11万円ほどの支払い。

任意整理を行った結果

任意整理後は毎月約5万円の支払いに。

(任意整理後の毎月の返済額)
・アコム:1万円
・新生銀行:4000円
・楽天カード:1万2000円
・楽天銀行:9,000円
・セゾン:13,000円
・セディナ:3,000円

利息の支払いも全てなくなりました。

最終更新日:2021年11月9日

ホームページの執筆者

司法書士・行政書士  山口広樹

・神奈川県司法書士会2376号
・法務大臣認定番号801245号
・神奈川県行政書士会4407号
・横浜商工会議所所属

横浜市出身。債務整理や過払い金を専門(業界歴14年)として、総計1万名以上の相談に対応。

債務整理の無料相談はこちら

「優しく」「親身に」「正確な手続きを」
ご相談者のみなさまが、安心して進められる債務整理をご提案します。

  • 任意整理の和解実績は1万件以上
  • 日本全国で無料相談に対応。
  • 家族・職場に秘密の方もご安心下さい。
  • 電話・メール共にご相談は完全無料
  • 電話相談は予約不要。すぐに相談OK

お電話でのご相談はこちらから

0120-631-625

(平日)9:00〜20:00(土曜)10:00~16:00

債務整理のお問合せはこちら

債務整理の無料相談はこちら
任意整理診断を実施中!

「任意整理できる?できない?」
「任意整理で返済はどのくらい減る?」
任意整理診断は無料です!
その他、債務整理相談も全て無料です。
お気軽にご利用ください。

0120-631-625

メール相談は24時間受付。営業時間外にはメール相談をご利用ください。

かながわ総合法務事務所

事務所概要

神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 
東武立野ビル1階
(横浜駅西口より徒歩8分)

平日9:00~20:00
土曜 10:00~16:00