債務整理のことなら債務整理相談センター(横浜・新宿)へ

■神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 東武立野ビル1F
(横浜駅西口より徒歩8分。ハマボール方面・相鉄本社ビル前)
■東京都新宿区西新宿7-21-1 新宿ロイヤルビル804
(新宿駅西口より徒歩8分。西新宿駅1番出口より徒歩1分)

受付時間:9時~21時(土曜は10時~16時、日曜祝祭日を除く)

債務整理の無料相談実施中
平日 9:00~21:00
土曜 10:00~16:00
債務整理相談フリーダイヤル
0120-631-625

アコムの債務整理(2021年)
任意整理の対応やデメリットなどを確認しよう!

アコムの債務整理対応を説明する司法書士

アコムは、ニコスと同様に三菱UFJグループに属する大手消費者金融です。バックには三菱東京UFJ銀行がついており、アコムは三菱UFJ銀行の保証会社としての役割も担っています。

アコムには、キャッシングのみのカードの他、お買い物と併用型のマスターカード、キャッシュワン(じぶん銀行)などのカードがあります。どの種類のアコムのカードでも、また、買物利用分についても債務整理することは可能です。

アコムでは、2017年以降から和解日(任意整理手続きの合意日)までの利息をつけた金額で和解することが多く、分割払いの回数は、5年(60ヶ月)を基準としています。

逆に、利用年数が短期(数か月~3年ほど)の場合には、3年(36ヶ月)払いでの和解となることもありますので、注意が必要です。

任意整理後の支払いは、基本的に「利息の支払いはなし」のケースが多いようです。

自己破産や個人再生を行っていく上でも、アコムは協力的な対応といえるでしょう。

まずはアコムの金利や手数料の仕組みを確認!

債務整理のことを説明する前に、まずは、今支払っているアコムの返済の仕組みをきちんと理解されていますか?

アコムにどのような返済方法があって、どのくらいの金利が発生しているかを確認してみましょう。

アコムカードについて

アコムでは通常のカードローンに加えて、ショッピング機能付きのACマスターカードを発行しています。

キャッシング金利は100万円以下の場合は18%、100万円以上の場合は15%です。
融資額は最大で800万円。300万円以上など高額な借入れの場合は、利率が3%~15%の間で決まっていきます。

アコムの返済には、35日返済と1ヶ月に1回の指定期日返済のいずれかに分かれています。返済方式は、定率リボルビング方式となっており、借入額に応じて返済する金額があらかじめ決められています。

借換え専用ローンについて

いわゆるおまとめローンの類です。
複数のカードを持っている方が、アコム1か所におまとめをする契約形態です。

こちらに実質年率は7.7%~18%となっていますので、おまとめをする金額によって金利が決まっていきます。

通常のカードローンで、100万円以下の場合は18%、300万円程度までは金利が15%のケースが多いため、こうしたように借入額が大きいほど金利は遊具されると思われます。

返済が苦しくなる原因はアコムの利息が高いから?

アコムにいくら利息を支払っている?
アコムの返済ができなくなった人

このページをご覧になられている方は、「アコムの返済が苦しい」というケースがほとんどだと思います。

なぜアコムの返済が苦しくなるのでしょうか?
その原因は、「利息の支払いがあるため」「返済額が高額であるため」です。

例えば、アコムのカードローンで90万円を利用しているYさんがいるとします。

この90万円に15%の金利が加算されると、13万5000円になります。
そして、13万5000円÷12ヶ月=1万1000円~1万2000円。
これが1ヶ月辺りのアコムに支払っている金利や手数料です。

毎月の返済額が高いのも原因…

アコムでは、次のように返済金額が決められています。

・30万円以下の場合(借入額の4.2%を返済)
・30万円を超え100万円以下の場合(借入額の3%を返済)
・100万円以上の場合(借入額の1.5%~3%を返済)

90万円の場合に3%が返済金額にあたるとすると、90万円×0.03=2万7000円となります。

つまり、この場合で3万8000円近くの返済が毎月発生しているわけです。

アコム以外のカードもあればさらに返済はきつい

アコム以外にもこうしたカードを持っていると、月の返済額はあっという間に10万円近くになってしまいます。

返済額が足りなくなり、クレジット機能を利用してリボ払いなどに変えていくと、いくら返済しているか分からなくなってしまいますが、かなり高額な金額を返済しているという認識をまずは持つことです。

また、利息の支払いだけで月に1万円かかっていたとすると、アコム以外のカードでも,3、4枚同じような借金をしていれば、利息だけで月に3万円、4万円発生しているわけです。

これほどの利息の支払いをしていれば、なかなか返済が終わらないのも、むしろ、年々借金が増えてしまうというのは、仕方ないのかもしれません。あなたに原因があるというよりは、収入と返済する借金のバランスが合っていないのです。

まずは任意整理を検討してみよう

カード返済が難しい場合には債務整理という方法がある
アコムの過払い金

債務整理の方法には任意整理・個人再生・自己破産・特定調停の4種類があります。

アコムの利息や返済額が高額であること、アコム以外のカードの返済もあることで、支払いが苦しくなっていることはこれで分かったと思います。

では、こうした場合にどうやってアコムの返済を行っていけばいいか?という本題です。

「このままではいつか支払いができなくなる

「このまま返済しても完済できる見込みがない」

といった場合には、債務整理を検討してみるとよいでしょう。

債務整理(さいむせいり)とは、借金の返済がうまくいかない場合に利用できる返済の見直しを行う方法です。法律的な手続きにあたるため、基本的には司法書士や弁護士などの専門家に依頼をして行っていく手続きです。

債務整理には、任意整理・個人再生・自己破産などがありますが、まず最初に任意整理を検討してみましょう。

任意整理が難しい場合には、裁判所の力を借りることになる個人再生や自己破産を検討していく流れです。

任意整理とは?

任意整理とは、裁判所を使わずに行える簡易な債務整理の方法です。

任意整理では、「キャッシングの利息やリボ手数料を減らせる可能性がある」という点にメリットがあります。

利息やリボ手数料がなくなれば、元金だけの返済に集中できるため、返済のスピードがあがること、そして、今まで利息や手数料にあたっていたお金を元金に充てることができるようになるので、借りたお金だけを返すことに集中できるというわけです。

アコムから過払い金が発生している場合も…

アコムの過払い金

15年…20年…と支払っている場合、確実に過払い金が発生しています。過払い金の請求で借金を減らせることも。

アコムを古くから利用している場合、過払い金で借金を大きく減らすこともできます。

過払い金とは、キャッシングの利息で払いすぎてしまったお金のことです。テレビやラジオのCMでご存知の方も多いでしょう。

この場合、債務整理(任意整理)と並行して過払い金の請求手続きも進めていきます。

「どのくらいの時期からキャッシングを利用していれば過払い金の対象者なの…?」

過払い金は平成18年の1月に行われた裁判で実質的に認められるようになりました。それまでは、カード会社としては過払い金を認めてはいませんでした。

しかし、最高裁判所の裁判官の判断は法律と同じくらいの強制力があるため、従わざるを得ないというのが本当のところです。

そして、平成19年になり、違法な金利で支払いを受けても過払い金として請求されてしまうため、アコムは徐々に適正な金利で支払いを受けるようになっていきました。

つまり、平成19年以前からアコムを利用していれば過払い金の発生の可能性があるということです。過払い金が発生している場合には、現在の借金と過払い金を相殺することで、支払う金額を大きく減らすことができます。

15年や20年、はては30年以上前からアコムを利用していれば、現在の支払いは0になり、過払い金が100万円単位で戻ってくるケースもあります。

アコムの過払い金について詳しく知りたい方は、当センターが運営している姉妹サイト、[過払い金無料相談センター アコム]をご覧下さい。

アコムの任意整理の和解基準

「アコムのカードに任意整理を行ったらどうなるの?」
という点をご説明していきましょう。

アコムは2020年を境に、任意整理の対応があまりよくない会社になってしまったと言わざるを得ません。

任意整理ができないわけではありませんが、任意整理ができる人とできない人に分かれるのがアコムの任意整理の特徴です。

まず、アコムでは利用年数に応じて和解できる分割回数が変わっていきます。

・1年未満の利用の場合(12回払い)
・2年未満の利用の場合(24回払い)
・3年未満の利用の場合(36回払い)
・4年以上の利用の場合(48回払い)

基本的には最長で48回払い。
5年以上の利用があり、アコムの借金額が100万円以上あるなどの場合には、60回(5年)払いなどの条件は交渉次第です。

基本的に、上記の内容であれば利息カットの和解には交渉できますが、もし上記よりも長い分割払いを望む場合には、利息をカットではなく低くできるというイメージです。

具体的には、18%程度の利息を5%辺りまでは軽減できるようなイメージです。

アコムに任意整理を行った場合の対応

分割払いの回数 利息のカット 過払い金の発生 滞納の場合
①12回~60回
(利用年数による)

可能又は利息が低くなる

 

あり

 

任意整理できる
 

 

※分割払いの回数が12回~60回とは、例えばアコムに、60万円の借金がある場合、1万円の60ヶ月(5年払い)であったり、17,000円の36ヶ月(3年)払いであることを指します。

※「利息のカット」とは任意整理後に支払いを行う利息をカットすることを指します。

※「過払い金」とは違法な金利で払いすぎてしまったお金を指します。
平成19年以前から利用がある場合には過払い金が発生し借金が減額される可能性があります。

アコムに債務整理を行った場合のデメリットは?

アコムの過払い金

債務整理のデメリットとしてブラックリストがありますので注意しましょう

アコムに債務整理を行った場合のデメリットも確認しましょう。

債務整理を行った場合には、クレジットカードの信用を損ねてしまうことになります。クレジットカード会社としては、利息や手数料で大きな利益を得ているのにそれをカットされてしまうためです。このカード会社の信用をなくしてしまうことを、業界用語では「ブラックリスト」と言われています。

任意整理を行った場合には5年ほど、個人再生や自己破産を行った場合には7年ほどのブラックリストになると言われています。

ブラックリストになるとどんな不具合があるか確認していきましょう。

・クレジットカードの使用が5年~7年できなくなる。

・銀行のカードローンや住宅ローンなどを5年~7年利用できなくなる。

・誰かの借金の保証人になることが5年~7年利用できなくなる。

・賃貸で引越す場合に保証会社必須の物件の審査に5年~7年通らないことがある。

・携帯の機種変更時に、携帯電話本体の分割払いを5年~7年選択できない。

このような、後払いを前提とするものや保証を必要とするものに債務整理を行うと、ペナルティが発生するようになります。

アコムに任意整理を行った事例

実際にアコムに任意整理を行った事例をご紹介致します。

返済額が8万円→4万円に!

Aさん(横浜市 30代 年収420万円)

・アコム(50万円・6年前~)
・プロミス(50万円・3年前~)
・楽天カード(90万円・7年前~)
・三菱UFJ銀行(50万円・~2年前~)

借金額240万円。
任意整理前は毎月4社に8万円ほどの支払い。

任意整理後は毎月4万円に。
全てのカード会社が60ヶ月(5年)程度の分割払いであれば可能ということで、毎月4万円ほどになりました。
利息の支払いも全てなくなりました。

Hさんは妻帯者。お小遣いが毎月5万円であったため、足りない部分はバイトをしながらやりくりしていくということでした。

返済額が11万円→5万円に!

Bさん(練馬区 40代 年収300万円)

・アコム(50万円・2年前~)
・新生銀行(30万円・3年前~)
・楽天カード(70万円・4年前~)
・楽天銀行(50万円・4年前~)
・クレディセゾン(120万円・~10年前~)
・セディナ(10万円・3ヶ月前~)

借金額330万円。
任意整理前は毎月6社に11万円ほどの支払い。

任意整理後は毎月約5万円の支払いに。

《任意整理後の毎月の支払い額》
・アコム:1万円
・新生銀行:4000円
・楽天カード:1万2000円
・楽天銀行:9,000円
・セゾン:13,000円
・セディナ:3,000円

利息の支払いも全てなくなりました。

アコムに任意整理を行う場合の流れ

アコムの任意整理をスタートするまでの流れを確認してみましょう。

任意整理診断とご相談(無料)

アコムは任意整理には柔軟に対応してくれます。無理をせずにご相談ください。

お電話又はメールよりご相談下さい。

〝アコムの支払い状況について〟
(利用年数や残っている借金の金額)
〝毎月どのくらいの支払いができるか〟

この2点を伺えば、アコムを任意整理することができるかを回答することができます。このときに、アコム以外の他の借金にも任意整理を希望する場合には、同様に各カードのご状況を伺って参ります。

任意整理を行うと、どのくらいの支払いになるかや、いつ完済できるかなどの相談を行っていきます。

任意整理診断やこれに伴うご相談は全て無料で行っておりますのでご安心下さい。

任意整理のご依頼

任意整理は早ければ即日開始も可能。開始後は返済がいったん停止します。

任意整理診断・ご相談を踏まえ、お手続きをご希望される場合には、

〝任意整理を行った場合の費用〟
〝任意整理の流れや注意点〟

などを中心にお話しを進めていきます。

任意整理をご希望の場合には、任意整理手続きを行う旨の委任状や任意整理費用が記載された委任契約書にサインを頂きます。

委任状と委任契約書が調いましたら、即日で任意整理を開始していきます。

なお、任意整理の依頼を行われた後は、アコムの支払いはいったん停止します。
また、アコムからの連絡や郵送物も当センターに到着するようになります。

任意整理の手続き開始

介入通知を送りアコムへ任意整理をスタート

任意整理は介入通知(受任通知)をアコムに送ることによってスタートです

任意整理では、まず介入通知(受任通知)というものをアコムに送付します。

〝任意整理を行う旨〟
〝現在の借入れ状況の照会を行う旨〟
をアコムに通知
していきます。

その後、債権調査(借入れ状況の確認)を行い、支払い残額を確定していきます。(カードの追加売り上げの待機で、2か月ほどは寝かせるのが一般的です)

なお、この任意整理のスタート時から、任意整理の費用の分割払いも開始します。

この段階からアコムの支払いは止まっているので少しずつ費用の支払いを進めていくというわけです。

任意整理の交渉・和解へ

アコムとの今後の支払い方法などは和解書に全て記載されています。

任意整理費用のお支払いが終わる頃に、アコムと今後の支払い方法を交渉し、和解を行っていきます。

支払い方法の交渉とは、

〝今後の支払いにはキャッシングの利息やお買い物の手数料は発生しない〟
〝依頼人が支払える範囲で、毎月の支払い金額を調整すること〟

などを行っていきます。

支払方法の内容などは全て和解書という契約書にのっています。

和解書は当センターとアコムのほうで署名捺印を行っていきます。
(ご依頼人が交渉の場に参加することや、署名・捺印をすることはありません)

完成した和解書は、ご依頼人に郵送又はメール、来所などででお渡しします。

任意整理の支払いスタート

任意整理の返済日はお給料日の5日後~10日後を目安に設定していきます。

和解で定められた期日までに毎月返済を行っていきます。

任意整理で決められた毎月の支払い金額より、多く支払っていくことは全くもって自由です。(例えば、月に5000円を支払えばよいという和解のもと、多く払える時は1万円を支払うなど)

毎月決められた日までに支払いをされないと、カード会社から督促の連絡が入ってしまいますので、期日には必ず遅れないように支払いをしていきましょう。

アコムの返済で悩んでいる方へ司法書士から一言

以上、アコムの債務整理について解説してきました。

2021年現在、アコムの任意整理が年々増えていることもあり、アコムの任意整理の対応は厳しくなっています。

その原因の一つとして、借金減額シミュレーターやランキングサイトになどを始めとする積極的に広告展開を行うネット広告会社の存在があります。

こうした広告会社と提携する一部の司法書士事務所や弁護士事務所が、まだ債務整理を必要としない人にも債務整理を勧めている背景があります。

このような事情から任意整理が急増してしまったのが、アコムの任意整理での対応が厳しくなってしまった一つの要因です。
(アコム担当者とも、実際にこうした背景について協議をしました)

実務上、1年未満のアコム利用者は、任意整理を行うにはかなり厳しい状況となってしまったと言わざるを得ません。

アコムの負債額が増えてしまうと、債務整理をするのにもなかなか厳しい…という事態も想定されるので、なるべく借金を増やさないように、早めに対策を立てるのが今のところの最善策です。

また、こうした営利目的のネット会社と提携する司法書士事務所や弁護士事務所に任意整理を勧められても、安易に任意整理の契約をせずに、いくつかの事務所に相談をして、本当に任意整理が必要か判断してから進めていきましょう。

運営事務所概要

運営事務所名

司法書士法人・行政書士かながわ総合法務事務所

運営者

山口 広樹

・司法書士
(神奈川県司法書士会第2376号)
(法務大臣認定第801245号)

・行政書士
(神奈川県行政書士会4407号)

住所

神奈川県横浜市西区北幸2-10-27
東武立野ビル1F
(横浜駅西口より徒歩8分。相鉄本社ビル前)

《相談室(債務整理相談用)》
東京都新宿区西新宿7-21-1 
新宿ロイヤルビル804
(新宿駅西口より徒歩8分。西新宿駅1番出口より徒歩1分。青梅街道の新宿警察署前)

代表電話番号

045-328-1280

無料相談専用フリーダイヤル

0120-631-625

債務整理相談センターの監修/執筆者 
https://www.soudan-saimuseiri.jp/ 

横浜市出身。2021年現在、司法書士・行政書士歴14年目。債務整理・過払い金請求を専門。相談実績はのべ1万名以上。5000名以上の手続きに携わる。

・司法書士
(神奈川県司法書士会第2376号)
(法務大臣認定第801245号)
・行政書士
(神奈川県行政書士会4407号)

最終更新日:2021年6月28日

その他の債務整理メニュー

楽天カードの債務整理

楽天カードを債務整理した場合の対応についてご説明します。

ニコスの債務整理

ニコスを債務整理した場合の効果についてご紹介しております。

レイクの債務整理

レイクを債務整理した場合の効果についてご紹介しております。

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)のご相談はこちらから!

債務整理の電話無料相談はこちらから

0120-631-625

【平日】受付時間:9:00~21:00
【土曜】受付時間:10:00~16:00
※日曜祝祭日を除く

債務整理相談はこちら

債務整理の無料相談はこちら

債務整理の無料相談!
お気軽にご利用下さい。

債務整理の無料相談はこちらから
0120-631-625

メール相談は24時間受付。
営業時間外にはメール相談をご利用ください。

運営事務所紹介

債務整理相談センター

司法書士法人・行政書士
かながわ総合法務事務所

《横浜相談室》
神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 東武立野ビル1階
(横浜駅西口徒歩8分)

《新宿相談室》
東京都新宿区西新宿7-21-1
新宿ロイヤルビル804号
(新宿駅西口徒歩8分)
(西新宿駅1番出口徒歩1分)

平日 9:00~21:00
土曜 10:00~16:00